社内恋愛をしている事を同僚に悟られない唯一の方法

学生時代とは異なり、社会人になると急激に出会いが少なくなっていくと言われているとおり、日本の会社に努めていけば朝から晩まで仕事をしないといけない会社に就職をしてしまうと、自分と気の合う新しい人と知り合うどころではなくなります。

残業をしないといけない理由は経営者に問題があるのか、与えられた仕事が時間内にできない自分に問題があるのか、仕事の管理をしている上司に問題があるのか、何処かに問題があるから残業をしないといけない状態になっているわけですね。

どこに問題があろうと、残業をしないといけない状態であるのは間違いない訳ですから、そのような環境で仕事をしていくと、プライベートの時間よりも会社に滞在する時間のほうが圧倒的に多くなってしまって、常に会社の人と行動をともにすることになります。

そのような現場に若い男女が沢山いるとどうなるのかと言えば、当然ながら社内恋愛に発達していく訳で、会社内で多数のおつきあいをしている男女が発生するのは自然の成り行きであり、このような状況になるのはデザイン会社が圧倒的に多いです。

 

 

会社内で男女が恋愛を始めると周囲にはあっさりとバレてしまう事が多い。

 

会社内の男女がおつきあいを開始すると、周囲にはなるべくそれを悟られないようにしながら気を使いつつ、会社内では一線を引いた状態で対応を始めることになるのですけど、そのうちその一線を越えてしまって、直ぐに周囲の人達に交際しているのが発覚していきます。

では、そこまで極端な職場環境ではなくて、普通に働いていて残業も程々な会社に努めている場合、会社の同僚とおつきあいを初めたら周囲の人たちにその関係がバレずにお付き合いをすることが出来るのかと言えば、これは大変難しい話になります。

なぜかと言えば、人間というのはどうしても行為を持っている特別な異性に対しては、常に特別な対応をしてしまうことが殆どなので、自分では周囲に気を使っているつもりであっても、他人から見れば、明らかにあの2人はおかしいと感じるからです。

スポンサードリンク


これは、話し方であったり、目線であったり、普通に何気に会社内の男女が話している光景を見ただけでも、同僚たちからすれば、あの2人ってお付き合いしているのでは?と感じられるようになり、それが次第に噂となって広がっていくことになります。

もうですね、恋愛状態になると理性を超えてしまって、人間の本質が出てしまう部分が多くなるので、普通に仕事だけではなくて飲み会などもあるでしょうから、周囲にその関係を悟られずにごまかし続けるのは難しいわけですね。

 

 

社内恋愛をしていることを同僚に知られなくするためにはどうする?

 

社内恋愛をしている場合ですが、会社内で相手の異性と話していると、どうしても他人から見ればその関係がバレてしまいますので、社内恋愛の事実を隠したいのであれば、対象の異性とは普段からなるべく話をしない事の一言につきます。

なぜなら、どのように振る舞っても、おつきあいをしている良好な関係の異性が話をすると、他人から見れば付き合っている事がすぐに分かってしまいますので、極端な話としては、相手の異性とは話をしないし、すれ違えば挨拶をする程度で良いのです。

ただ、これを出来ない人が案外多くて、目線で合図をしたり、必要以上に笑ったり、じゃれ合ったりしてしまって、あっさりとその関係がバレてしまう人も多いのです。

そもそもですが、会社というのは仕事をする場所であり、恋愛をする場所ではありませんので、その辺を割り切って理解をしておき、職場では仕事のみを行い、会社から一歩出れはお付き合いしている異性と普通に恋愛を愉しめば良いだけになります。

社内恋愛の致命的な欠点としては、トラブルになった場合は相当その会社に居づらくなる事が殆どですから、最後まで親しく出来る相手でないのであれば、あくまで会社内の同僚として一線をとってから対応するのが良い感じですね。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク





Updated: 2017年3月27日 — 2:39 午後