40代で転職活動の多大なる失敗談は需要がある事を知る

年齢が40歳を過ぎてくると、いよいよ日本の転職市場では転職が難しくなってきますので、それまでに実績を作っていて人脈のある人、高い技術と経験がある人でなければ転職活動が急激に難しくなり、転職時の書類選考自体が全く通過しなくなります。

そこで、100社単位で転職サイトに応募しても、その全てを書類選考の時点で落とされる経験をしてしまい、転職活動が全く上手くいかず、次第に精神的にも参ってしまうわけなのですが、その失敗をしている経験が案外需要があることをこ存じでしょうか?

他人が40歳を過ぎていて転職に失敗している話を聞きたい人がいるのかと思うかもしれませんが、この失敗談というのが大変貴重であり実際に転職に失敗している40代の人の話は大変貴重であり、それを参考にして転職活動をしたい同様の人が多いのです。

この他人の失敗談は本当に貴重であり、同じような立場になりそうな人、すでになっている人からすれば、どのようにしたら自分は転職活動を上手く行うことができるのかを調べる術が殆どないことから同条件で失敗している人の話を探している人が多いです。

 

 

40代で転職活動が上手くいかない場合はライター業も検討します。

 

ライター業というのは、その名の通り文章を書く仕事であり、今ではランサーズなどでは多くの文章を書く仕事が沢山掲載されている状態になっていますので、興味があれば一度ランサーズを見てみると良いかと思いますが、ライターは誰でも始められます。

やることは文章を書くだけですから、誰でもライターを始めることはできるのですが、自分が経験していないことは書けない人が多いですから、そこで重要になるのが40代で転職活動が上手くいかない経験をたくさん積んでいる人の貴重な話になります。

スポンサードリンク


試しにやってみればわかりますけど、40代で100社、1000社と書類選考で落ちた経験をアピールしていれば、ライターとしての依頼や相談がある程度くることになりますのでそれだけ需要があるから声がかかるわけであり、他人の失敗経験はお金になるのです。

自分で考えてみればわかりますけど、自分と同じような苦境に立たされている人がいるとして、その人がそれに至るまでの詳細の経緯を公開していれば、見入るようにして詳細を確認して自分はどうすれば良いのか?、それだけを必死になって考えるはずです。

 

 

自分と立場の近い他人の失敗経験は需要があるのでお金になりやすい。

 

他人の失敗談を見て、自分はそうはなりたくない事を考えて、どうすれば自分だけは成功させることができるのかといった自己都合的な考えを持つのは普通の人なら当たり前であり、他人の転職の失敗談を知りたい人はとても多いので、それがお金になります。

ライターとして自分でこれまでの失敗談をアピールして仕事を募集し始めても良いですし、自分でコンテンツを作っても良いのですが、いずれにせよそれでライター業を開始すると、次第に文章を書くことが上手くなるのは確実なので、後が大きく変わります。

書類選考に落ちる理由も年齢的なものではなくて書類を正しく書けていないから何社も書類選考に落とされてしまうことが原因かもしれませんから、それまでの失敗談をなんども文章に書くことに良り、なぜ書類選考が通過しないのかが分かることもあります。

40代で書類選考が全く通らない原因として、普段転職活動は頻繁にするものでもなく、ごく稀にするものであるから慣れていない文章を上手く書けていないから何度もお祈りが届いている場合もありますので、ライター業を一度検討してみるのはありです。

転職については40代で転職が上手くいかない人でも、実はその実績や能力を必要としている会社が存在している場合がありますので、元の年収や職業の条件が合うのであれば、一度転職エージエントに登録をして、転職についての相談をしても良いですね。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク