地方に移住をする予定の人は転職ではなく起業を選択

現在、都会の会社で働いていて、退職をしてから地方に移住を検討している人がいれば、一度退職を踏みとどまるか、退職をしてもよいのですが、そのまま都会の会社に転職をした方が良い場合がありますので、この判断は特に慎重にしないといけません。

その理由としては、都会の会社で働いている人というのは、案外その人の能力以上の報酬を得ているような人が結構いて、本人が自覚しないままその待遇が当たり前のようになっていることも少なくない為、地方に行けば大幅に待遇が悪くなるからです。

更に地方の場合、余程有名な会社とか儲かっている会社でない限り、同族企業が圧倒的に多くて、待遇も地方価格になっている為、どう考えても転職をすれば待遇が悪くなる要素しかない要因しかありませんから、転職をすればほぼ待遇は悪くなります。

その条件下で転職をして都会の会社で働いていた時よりも、地方に移住をしたら待遇が良くなる人は本当に仕事が出来る人くらいですから、実家に帰って両親の介護をするなどの理由でもない限り、安易な地方移住はするべきではありません。

 

 

都会から地方に移住して快適に過ごしている人は転職はしない人。

 

最近では、インターネットを使って他人に雇われない生き方をしている人も少なくなくて、そう行った人は大抵は普通の会社員の年収に相当する位の金額を毎月売り上げていたり、そこまではいかなくても明らかに普通の会社員よりも稼いでいる人ばかりです。

そういった人達であれば、都会から地方に移住をしても、地方の会社に転職をする必要性が全くありませんから、日本の何処にいても都会と同じような生活が出来ますので、家賃などが安くて自然環境がよい地方に移住をすれば毎日が快適に過ごせる訳です。

それとは引き換えに、誰かに雇われている人が都会で働いていた会社を退職して、それから地方に移住をして新しい転職先を探す場合、驚くほど待遇が悪くなるか、中々転職先が見つからないか、あっても非正規雇用になるかのどれかではないでしょうか?

都会で働いていた頃は月収40万円位もらえていた人でも、地方にいけば月収15万円しかもらえない等はよくある話になりますから、他人から雇われるのを前提として地方に移住を考えるのは余程の理由や結果がわかっていない限りは避けた方が無難です。

スポンサードリンク


 

 

都会の会社を退職して地方に移住を検討する場合は慎重に検討。

 

事前に都会で独立をして自分の力だけでネットを使い、何処で働いてもお金を稼げるようになった人であれば、良いのでしょうけど、そういった人達の姿を見て根拠もなく自分も地方に移住をしてからお金を稼ごうと考えるのは大変危険なので止めるべきです。

確かに、地方は家賃も安くて自然環境も良いのですけど、それに合わせた物価指数になっていて、地方の会社に転職をして都会の同じ業種の会社よりも待遇を良くしたければ、自分の親族企業にでも就職する以外に方法は殆どありません。

ただ、例外的に地方出身の人の両親等が要介護状態になってしまった場合などは、どうしても都会の会社を辞めてから田舎の実家に戻らないといけなくなる人も最近は増えている為、その場合は退職や転職の損得は考えずにそのまま地方に移住をします。

都会の会社での待遇を地方の会社に求めるのは難しい部分が多いことや、どうしても他人に雇われている状態では、社員のことを過大評価してくれることが多い都会の会社で働いていたほうが良い人のほうが多いので、自分が位置なのかを知っておく事です。

 

 

将来の地方移住の可能性を考えて他人に雇われない仕事を準備する。

 

都会で独立をしてからある程度の成功を収めている人達が、ネット上でその事を色々と公開していることも多くて、それを見るとそういった生き方に興味を持つ人も多いと思うんですが、あくまでそれは成功をした人だけが得られる特権のようなものです。

ですから、誰でも地方に移住すれば快適な生活を出来る訳ではありませんが、万が一、将来的に両親の介護の問題があるような場合は、いつでも都会の会社を退職できて、実家に戻っても同等かそれ以上の生活が出来る準備をしておく必要があります。

これらの準備は、やろうと思って直ぐにできるものではなくて、早くても数年単位の準備期間が必要になる為、都会の会社でそれなりの待遇を受けている期間中に、少しずつ自分にできる独立した仕事や副業を初めておくと、もしもの時でも安心感があります。

地方に移住をして快適な生活が出来る人は、転職ではなくて自分で直接お金を稼いでいる人であり、それが出来るようになれば何処にいても快適に生活が出来る為、後は個人の都合で海外に移住をしたり、地方に移住をしたりしているだけのカラクリです。

甘い言葉や、勧誘、成功者のイメージに惑わされずに正しい判断をしていきましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク