介護離職で退職した後は転職よりも起業がお勧めな理由

ここ最近多くなっている会社の退職理由としては、確かに退職届に記入する理由である自己都合には違いないんですけど、自分が会社を辞めたい訳ではないのに、両親の介護が必要になってしまい、それで他の選択肢がないので退職をしないといけない話です。

これは、他人事ではなくて日本国内で生活をしている人であれば、いつ誰がその状況になるかわからない状況になってきていますし、高齢化社会がこれから完成形に近づくにつれて、数年後には自分がその立場になって悩むことになるかもしれません。

両親の介護が必要になったので退職をする・・・、この選択をしないといけない人の特徴的なパターンとしては、次の転職先やスケジュールが全く決まっておらず、都会の会社を退職して田舎の地元の会社に転職をしないといけなくなることです。

都会の会社を退職してから田舎の地元の会社に転職をする場合、そもそも同じ条件で求人を掲載募集している企業が存在しているのかどうかも怪しいですし、仮に転職ができても条件が大幅に悪くなることが普通ですから、将来の期待ももてません。

 

 

両親の介護が始まるとエンドレスにそれが続くようになります。

 

当然の話しなんですけど、例えば両親がアルツハイマー等になってしまった場合、その症状が改善すること自体がありませんから、両親がお亡くなりになるまで延々と介護をしながら家庭を守っていく事になりますので、大変な労力が必要になります。

また、その状態になると何をしてもお金が必要になってきますし、都会にいた頃のような収入を稼ぐのも難しくなっている手前、田舎では都会のように余裕のある生活が出来ないことや、更に介護が加わると精神的な負担はより大きくなるわけですね。

この状態が後何年続くかも分からない状態になりながら、地方の会社に転職をしてなれない仕事をしながら、田舎の相場の年収で働き続けるのは、正直言って実際にそれをやったことがある人でないと分かりにくい問題なのですが、かなり過酷な話でした。

このパターンに陥ってしまう人の場合、まさかそんなに早く両親の介護が必要になるとは思わなかった人が殆どであり、出来れば会社を辞めたくなくて、お金でなんとかなるのであれば、それで解決をしたいと思うんですけど、想像以上のお金が必要です。

結局、金銭的な問題をどうしても解決ができない場合は、一旦会社を退職してから、田舎の実家に戻り、そこからそれまでの蓄えを使いつつ、地元で転職先を探していくことになるわけですが、ここで田舎に移住をして成功をしている人が参考になります。

スポンサードリンク


 

 

田舎に移住をして成功をしている人は殆どが起業しています。

 

最近、インターネット等でよく見かけるのが、都会で独立をして成功をした後に、海外や地方に移住をして何不自由ない生活を楽しんでいる人達であり、そういった人達は大抵、個人で何処にいても出来るような仕事を都会で身につけた人たちです。

起業に関しては、1年後には60%の会社が倒産をしているくらい厳しい現実が待っているんですけど、それらはどれもコストがかかっている起業方法であることが多く、1人でパソコンさえあれば出来るような起業の場合はそう簡単には潰れません。

なぜなら、コストが掛からないので、例えすぐに結果が出なくてもそれ程困らないことや、多くの人が他の仕事をしながら副業的に初めてみて、それが事業になると判断したら独立をしているからであり、この部分に注目しない手はないかと思われます。

介護離職で退職をした後に、田舎の企業に転職をするよりも、事前に介護離職をしないといけない状態になる、はるか前の段階から、もしもそうなった時の副業を初めておくのが最も適切であり、それをやっている人といない人では必ず差が出てきます。

 

 

退職してからの起業ではなく退職時に形になっている起業が好ましい。

 

この場合、退職をしてから起業をすれば良いわけではなくて、そんな難しいことをしようとすると田舎の会社に転職をするよりもストレスになるでしょうから、あくまで事前にその準備をしていた人であれば、最良の結果を出せる可能性が出るという意味です。

自分の好きな場所で、自分の都合で出来る仕事になると、株、FX、不動産、アフィリエイト等が候補に上がってくるかと思いますが、今後、それ以外にも新しい仕事が出てくる可能性がない訳ではありませんので、普段から今後のことを考えておきます。

これらは、いずれも1人で実現できる事業になりますが、どれも簡単ではありませんので、相当な勉強をする期間が必要になることもあり、いざ退職を決断している時にやろうと思っても、もう間に合わないことが殆どなのです。

きっかけは、もし来年、両親に介護が必要になったらどうしたらいいのか?、それを考えると、自ずとやる気が出てくるでしょうし、自分の適性に見合った起業方法が見つかるでしょうから、将来、露頭に迷わないように普段からやっておきましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク