jobMiMi

転職・起業ポケットマニュアル

退職したら正社員時代のクレジットカードはどうなる?

転職や退職をする場合、色々な人が必ず話す内容としては、退職前の正社員の際にクレジットカードを作っておいたほうが良いと言った話であり、その理由としては退職後はクレジットカードが作りにくくなるので、退職前に作っておくべきだと言った話です。

この場合のクレジットカードというのは、三井住友VISAカードなどの銀行系のクレジットカードを指していることが多く、確かに銀行系のクレジットカードは正社員の時は容易に作ることが出来るのですが、無職やフリーターになると審査が厳しくなります。

ただ、アメリカン・エキスプレス等のクレジットカードの場合は、無職やニート、自営業者でも資産が沢山有る人や収入が高い人なら容易にゴールドカードやプラチナカードを発行してくれますので、退職後に起業する人で自信があるならこちらがお勧めです。

 

 

退職したら正社員時代のクレジットカードはどうなる?

 

クレジットカードを制作する際に、個人情報や会社名などを記入する欄がありますが、その際に入力する情報がクレジットカードを発行するかどうかの合否判定に使われますので、クレジットカード制作時に記載する業種と会社名は大変需要な要素になります。

そこでそれなりに実態のある会社の正社員であれば、よりクレジットカードの審査に通りやすくなりますから、正社員の間にクレジットカードを作ったほうが良いと言われているわけであり、これが無職や個人事業主になると審査が通りにくくなる訳ですね。

会社を退職する前にクレジットカードを発行していれば、会社名義でその信用を使ってカードを発行している状態なので、会社を退職したらクレジットカードがどうなるのか?気になるかもしれませんが、特に何もしなくても良いのでそのまま使用できます。

スポンサードリンク


 

 

クレジットカードは申請時の情報が重要ですがその後は無関係。

 

クレジットカードに関しては、カード会社から借り受けているものですので、カードを解約した場合はカード会社の方針により破棄するか、カード会社に返却するかになるのですが、それ以外は特に退職をしても返却や強制解約等はしなくても構いません。

引っ越しなどをした場合は住所や電話番号の変更、転職をした場合はそれについての変更連絡をしないといけない事になっているのですが、住所や電話番号の変更は重要書類や新しいカードが受け取れなくなりますので、急いで変更届を出す必要があります。

ただ、会社を退職した情報については、別にそれを連絡してもしなくても全く困ることはありませんので、連絡をしたければしてもよいのですが、それによってカードを解約されることもないですから、退職や転職については特に何もしなくても良いのです。

 

 

カードの重要な変更をする場合は登録時の会社名が必要になります。

 

退職後にクレジットカードを返却しないといけなくなることはありませんし、それが必須になるのであれば、退職する前にクレジットカードを作ったほうが良いと言った話をする人はまずいないと思いますから、正社員の間にクレジットカードを作るのですね。

その後に退職や転職をしてもクレジットカードはそのまま使用できますので、特に何かをすることもありませんが、クレジットカードの重要な変更をする場合は電話でコールセンターに連絡をすると本人確認で登録時の会社名が必要になることが良くあります。

その時にクレジットカード会社から生年月日や会社名等を何店か質問され、それに答えることが出来ない場合は本人確認ができない状態になりますので、クレジットカード登録時の会社名は必ず覚えておいたほうがよく、気になるようなら変更手続きをします。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円から750万円以上の転職先も多く取り扱っている非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】



スポンサードリンク





jobMiMi © 2017 Frontier Theme