年収500万円以上の転職をするなら非公開求人の転職エージェント

転職をする際に年収500万円以上を希望するのであれば、一般的な転職サイトを利用するよりも非公開求人を主体に扱っている転職エージェントを利用しておいたほうが良いのですが、案外転職エージェントを知らない人が多いので、ぜひ知っておきましょう。

転職エージェントについては、大まかに言えば高額報酬の非公開求人のみを扱っていてサイトに会員登録をしないと転職情報を掲載している企業情報を見れないタイプの転職サイトであり、特化型転職サイトとの違いは特定の業種のみを扱っていないことです。

特化型サイトの場合は転職エージェントと大変よく似ているのですが、その中から更に特定の業種に絞った非公開の転職情報を扱うサイトのことであり、看護師や薬剤師、保育士やIT系技術者などの特定の業種の求人を扱いますので、より専門的になります。

 

 

年収500万円以上の転職をするなら非公開求人の転職エージェント。

 

転職エージェントの場合、特定業種の転職情報のみに依存していませんので、より広い範囲で求人が募集されていることや、報酬が高くなる傾向にありますので、これがどのような人材を求めているかと言えば、業種に関係なく仕事が出来る人そのものです。

これは会社を経営していくうえで絶対に必要になる、経営管理側の人材やマネージメント側の人材を求めているということであり、IT系技術者や看護師などのように、特定の業種で働いている人ではなく、それらは関係無しで経営に近い仕事が出来る人です。

その結果、転職ができる求人を幅広く確認できることになりますので特定の業種に特化している転職サイトよりも転職できる確率が高くなることや自分によりマッチした非公開求人を閲覧できる事になりますので、転職者からみても大きなメリットがあります。

スポンサードリンク


 

 

転職サイトと転職エージェントの両方を利用して広い範囲で転職。

 

求人情報が一般公開されている転職サイトと求人情報が一般に公開されていない転職エージェントの根本的な違いは、転職を希望する人が最も気になるであろう転職後の年収が高い求人が圧倒的に多いということであり、年収500万円以上の求人も多いです。

更に、転職サイトでは殆どの求人で上限に設定されている年齢が35歳になっているのが特徴なんですけど、転職エージェントでは年齢が35歳などは当たり前で40代、50代でも安定して求人が募集されているのが特徴であり、年齢に見合った求人が多いです。

年収が高くて年齢制限がされていない非公開求人が多い転職エージェントでは、特定の業種のみではなくて、幅広い業種で経営側に近い実績や能力がある人材を積極的に求人していることが殆どですから、転職エージェントを利用するメリットは大変高いです。

 

 

転職エージェントの利用方法は個人情報や職歴を登録するだけ。

 

一般の転職サイトのみを利用して転職先を探すよりも、転職エージェントや特化型サイトを利用して転職先を探したほうがより広い範囲で転職先を探すことが出来ますし、エージェントの場合は、担当者が能力や適正を確認して転職情報を提案してくれます。

その為、転職サイトを利用しながら、転職サイトでは自分の気になる転職情報を探しながら、同時に転職エージェントや特化型の転職サイトも可能であれば利用していくと、勝手に担当者が適切な転職先情報を連絡してくれるので、とても効率が良いのです。

一つの転職情報からでは得られる情報がすくなりますし、いくら複数の転職サイトを利用しても、それらの一般公開されている転職サイトでは非公開求人と呼ばれている年収が高くて魅力がある求人情報は得られませんので、転職エージェントを利用します。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク