20代正社員が転職後に2年間で年収を200万円UPさせる方法

現在、地方で埋もれていて年収300万円位で頑張っている人も沢山いるかと思いますし、地方でしたら年収300万円であれば、かなりの高額所得者に分類されることも少なくない為、逆にこれだけもらっていたら一安心と思っている人もいるかと思います。

実際の話としては、地方でしたら年収300万円もあれば、十分すぎるくらいの生活が出来ますし、月給換算で25万円のボーナスなしであっても、周囲の人達が月収17万円位で働いているのを見ていれば、全然、余裕でしょうけどそれで本当に良いかですね。

それからも地方の同じ会社で働いていて将来的に年収が500万円、700万円とかにアップする予定があるのであれば良いのでしょうけど、大抵は地方の会社の場合はそれが頭打ちになってしまっていることが多くて、それからは殆ど伸びなくなる事もあります。

 

 

年収300万円がリミット上限なら将来を考えた転職もアリです。

 

若い20代の時はそれでも良いのですが、30代、40代になって家庭をもってくると、年収300万円がリミットで働いている環境というのは次第に苦しくなってくる為、最終的には転職を考えたり起業を検討したりするのですけど、だったら早くやるべきです。

地方だけで生活をしていると気が付かない事も多くて、いつの間にか30代、40代になってしまっていて、その頃にはもう転職とか都会に移住をするとか、積極的な判断ができにくくなっている状態になることが殆どですから、決断は早いほうが良いのです。

実際に私自身が20代の頃にそのような状態でしたので、結果的に思い切って都会の異なる業種に転職を行ったんですけど、その結果、地方では年収300万円だったのが、都会の異業種の会社では年収500万円を超えるまでの時間は大変短い時間になりました。

恐らく、この方法が短期間で年収を高くする最良の方法であり、2年間で200万円以上も年収がアップするなどは、地方の会社で働いていたら簡単には実現できない話でしょうから、興味があるとか野心がある方には是非ともお勧めしたい方法になります。

この時の私の年齢は20代ですから、どれだけ会社で頑張って仕事をしていて、それから昇給を待っていても中々、このような大幅な報酬アップは出来ません。

 

 

私が20代の2年間で年収を200万円アップさせた方法について。

 

20代で簡単に年収が200万円もアップするのは、雇われて働いている会社員では大変難しい事が多くて、それは今後も変わらないと思いますけど、実際に私がこれをやっていますから、実現不可能な方法でもないでやり方を知っているかどうかだけになります。

ただし、最低限度の実力は必要になりますので、何も出来ないとか、全く自信がない人であれば、諦めるしかないのでしょうけど、20代で好奇心旺盛で色々な事に興味がある人でしたら、恐らくは誰でも実現可能な方法になるのは私が経験している通りです。

スポンサードリンク


では、実際に何をやったかと言えば、地方の会社から異業種である都会の会社に転職をしただけであり、それにより2年間で年収は200万円以上もアップすることになった訳なのですが、恐らくこの方法が一番手っ取り早く年収を高めることが出来ます。

それに伴い、税金や社会保険料も大幅に値上がりすることになるんですけど、そちらに関しては致し方がない部分も多いので、対応策としてはもっと年収を上げるか独立して起業家になるとか、他の対策方法を取ることになります。

 

 

都会の会社の異業種への転職はどうすれば実現できるのか?

 

地方の会社から都会の会社に転職をすれば良いと言っても、同じ業種でも戸惑うのに異業種であれば尚更大変だと思う人も多いと思いますし、中々誰かが背中を押してくれないと思いきった判断ができない人も沢山いると思いますので、その方法について。

私の場合は、趣味で色々なことをやっていたところ、それが口コミで広まり都会の異業種の会社の役員の目に止まり直接転職といいますか、勧誘をされることになり、その結果、書類選考ナシでそのまま都会に出かけて役員面接などをすることになりました。

最初から採用されることが決まっていた面接なので特に気を使うこともなかったんですけど、異業種の転職というのは、別に難しいものではなくて、今行っている仕事をきっちりとやっていて、何か本格的な趣味を持っていれば、案外アッサリと転職できます。

 

 

自分だけで都会の会社への異業種転職が難しい場合は専門業者へ。

 

しかし、そんなこと出来ないでしょう?、そう思う人もいらっしゃると思いますので、その場合にどうすればよいかと言えば、最近では都会の会社へ転職を希望する人向けに、異業種転職専用の転職サイトも有るようで、上手く使えば有用的かもしれません。

自分で都会の会社の役員と紐付けれないのであれば、専門業者を利用してそれを実現すればよいだけであり、そうすれば、上手く行けば都会の異業種の会社へ転職ができるかと思いますが、ここで注意点があります。

その注意点というのは、地方の人が都会の会社に転職をした場合のみに適用される住宅手当を完備している会社が都会には結構ありますので、それがあるとないとでは、毎月5万円前後の差が発生することになりますから、ここだけは押さえておくべきです。

住宅手当は基本給ではありませんから、ボーナスには加算されませんけど、仮に住宅手当が5万円でしたら、これだけで年収が60万円アップすることになりますので、住宅手当があるとないとでは全然年収が違ってきますの本当に注意しておくべきです。

地方から都会の異業種へ転職をすると、意外な程に年収が増えますので、あとはどうするかの判断になるだけでしょうか?




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク