在宅勤務に転職か稼げる仕事をしないと介護問題は苦難

これからの日本では、超高齢化社会を迎えることは避けて通れませんので、最近では高齢者の数が少しずつ増えていく状況の中で介護問題が多く発生してきていて、将来の出世やこれまでの実績を全て捨てて介護退職をしないといけない人が増えてきています。

俗に言われている介護離職がこれに相当する訳ですが、誰でもこれまでの実績や信用をすべて失ってしまう退職をしたい人はおらず、出来れば正社員として今後も働いていきたいのですけど、介護と仕事を両立させる仕事でないと簡単には実現できません。

サービス業や製造業などでは介護をしながらこれまでの仕事を在宅勤務に切り替えて引き続き継続することは事実上不可能であり、介護を切り捨てるか、仕事を切り捨てるかのどちらかを選択しないといけないのですが、介護を切り捨てるのは大変難しいです。

 

 

在宅勤務に転職か稼げる仕事をしないと介護問題は苦難。

 

両親の介護問題が発生した場合、相当な資産家の家庭以外は家族の誰かが面倒を見ないといけなくなることが殆どであり、介護に必要な労働力は大変な負担になるのに得るものが全く無い状態になりますので、大抵の場合で金銭的な問題が発生してしまいます。

ですから、一番良いのは相当な金額を稼ぎながら万が一両親の介護問題が発生した場合は、専門のプロのスタッフで管理されている専門施設に預けるのが良いのですが、これをするには多額の費用が必要になりますので、給与所得だけでは難しい事が多いです。

多くの人は両親の介護問題が発生した際に、これまでの会社を退職してから自分が介護をこなしつつ、家賃がかからない実家などに帰省をしてからアルバイトをしながら永遠に介護をすることになり、そこで事実上の人生が終了してしまう人が沢山います。

スポンサードリンク


 

 

介護をしながら出来る仕事か稼げる仕事をしないと将来は厳しい。

 

将来的に介護をしながらそのまま在宅勤務に切り替えて継続できる仕事か、相当なお金を稼いでその中から施設の料金を支払えるくらいの余裕がある仕事をするか、このどちらかを選択しない限りは、必ず自分で両親の介護をしないといけなくなります。

一番良いのは、両親が介護が必要なくて最後まで健康的に自立して生活が出来る事が理想なんですが、実際にどのような将来になるのかなどは誰にも分かりませんので、普段から孤独にさせないとか健康的な運動をさせるなどをして予防をするしかありません。

それを回避する場合、稼げる仕事をするか在宅勤務の仕事をするのかのどちらかになる訳ですが、両親の介護費用をポンと支払える仕事というのは普通の人では実現が難しいことが多くて、誰でも年収3000万円以上の職場に転職が出来るわけではありません。

 

 

稼げる仕事をするよりも在宅勤務の会社に転職をする方が容易。

 

誰でも簡単に両親の面倒を完全に専門施設に任せるくらいの年収を稼げるのでしたら苦労はしないのですが、現実問題としては日本の会社で働く以上、年収1000万円以上に到達をするのは大変難しくて、ごく一部の相当仕事が出来る人しか無理な話です。

その点、在宅勤務が可能な会社に転職をする方法は、それほど難しい話ではなくて、やる気さえあれば殆どの人が転職が実現できる位の状況ですから、年齢的な問題をクリアできているのなら、やる気を出してその業界に転職をしておくのが安心感があります。

在宅勤務の会社は、以前は日本ではあまり見られなかったのですが、最近では少しずつですが在宅勤務に対応した会社も増えてきていますし、会社で正社員として働くのではなくて個人請負として働く事もできる時代ですから、早めの転職がお勧めといえます。

現時点で在宅勤務で働ける仕事はパソコンとインターネットを使ったIT系と呼ばれている業種が殆どですが、この業界手の転職は未経験であっても20代でしたらそれほど難しくはありませんので、出来る限り早い段階で転職活動を開始した方が良さそうです。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク