jobMiMi

転職・起業ポケットマニュアル

仕事が出来る人なら英語力を学んだ方が良い理由

現在の日本は一部の富裕層などは資産を順調に増やしている人も増えている為、経済的にも安定しているようにみえるかもしれませんが、実際には貧富の差が年々激しくなっている為、実際には生活が苦しくなっている人達が沢山増えているのが現状です。

それまで、安定の正社員として大企業で働いていた人であっても、いつリストラ対象になるのか分からない時代になっていますし、企業側から早期退職者が募集される場合は、その殆どが年齢40歳以上の転職が大変難しい年齢層の社員になるのも特徴です。

その為、正社員として働いていても、いつそのポジションを失うか分からない状態で日々働いている状態と言っても過言ではなく、会社から指示されている仕事だけを延々としているようでは、会社が傾いた時には手遅れになってしまう可能性もあります。

年齢が40歳で多少の退職金を上乗せされて早期退職をした場合や、リストラ対象になってしまった場合、会社が傾いてくると仕事が出来る人材からどんどん他に引き抜かれていくことも少なくない為、そういった人達とは正反対の環境が待っているのです。

 

 

何処に行っても通用する資格を取得して実績を積んでおくと安心。

 

最近では、日本の大企業などが傾いた場合、優秀な人材を積極的に引き抜こうとしている海外の企業もありますけど、その場合の言葉の壁は案外大きくて、日本語しか話せない日本人が現場や外国の風習などに馴染めない等はよくある話です。

また、いきなり英語などの語学を習得するのは大変難しくて、相当な科学者のような実績のある人なら専属の通訳などを付けてくれるのかもしれませんが、通常は外国人の人で日本語がうまく話せる人は殆ど居ない為、必ず現地の言葉に合わせる事になります。

実際に外国の企業で働いてみれば分かりますけど、日本企業のように一から丁寧に何でもかんでも親切に教えてくれたりしませんし、全て自己責任でタイプしないといけないこともあり、語学であっても話せて読めて当たり前の世界になります。

以前の会社でリストラされていった元同僚や、早期退職をしていった同僚を上目線で見ながら、大幅な待遇アップで外資系の会社に転職してみたものの、あまりの言葉の違いや文化の違い、価値観の違いについていけなくて、結局かつての同僚と同じ道をたどることになるのだけは避けたい所です。

 

 

外資系で高待遇の条件で採用してくる企業は解雇の判断もとても早い。

 

海外などの企業の場合、日本の企業と比べて相当決断力があり、スピード採用をしてくれることもありますし、待遇は日本の会社で働いていた時よりもかなり良くなることの方が多いのですが、その反対のときもかなりの速度で行動を取ることが普通です。

スポンサードリンク


そう、使えない人材だと判断されたり、結果を出せなかった人の場合は、容赦なく解雇の対象になりますし、日本企業のように交渉の余地などもありませんので、後は荷物を持ってその場を後にするだけの状態になることもないわけではありません。

報酬を見て待遇の良さに目が止まり、どうせ傾いている会社なのであれば、他の早期退職をしている社員やリストラ対象になっている社員とは違って、自分はできる人だから高待遇で転職に成功したと思っていたら、実は自分も同じだった・・・。

こうならないようにするには、普段から英語力を身につけておくことが大変重要ですし、英語と言っても日本人同士の英語と海外の現地の英語は全然違ってきますし、国によって特有のなまりなどもありますけど、全く英語が分からないよりはマシです。

 

 

語学力さえあれば10年後の人生は違っていた・・・とならないように。

 

英語の基本が分かっていて文章がかけて読めるくらいの人であれば、後はやる気さえあれば待遇が良い海外の企業に転職をしても何とか対応できるものですし、あの時語学力さえあれば・・・と後で後悔をしないようにしておいたほうが良いですからね。

これから、日本の大企業であってもどうなるかわからない時代になっていますし、企業のグローバル化が進んでいる現在において、英語力がある人とない人では、全く違った将来が待っているかもしれませんので、最優先で英語を学んでおくと便利です。

私もベース年俸が1200万円以上の求人情報を色々と見てきましたけど、その殆どに英語力が必須と書かれていていましたし、求人案件によっては、交渉次第ではもう英語さえ話せれば誰でもかまわないとなることだってない訳ではありませんでした。

将来、早期退職を選択されたり、リストラ対象になりそうな方も、語学力として英語を学んでおけばその対象から外れたり、転職を有利にすすめる可能性が高くなりますし、仕事が出来る人であっても、転職の際に英語が出来ないばかりに後悔しないように今から日々語学力を学んでいくことが大切です。

別に会社が傾かなくても、特別仕事が出来る人のところには、頻繁に他の企業や転職エージェントから連絡が来ることになりますので、その際に英語力は無視できない条件になっていることを考えても、あえてやらない理由はありません。

 

 

楽しく身に付く英会話教材【ネイティブイングリッシュ】




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク





jobMiMi © 2017 Frontier Theme