非正規から正社員として転職したいなら転職エージェントを利用

アルバイトや非正規の派遣社員として働いていて、将来が不安であり同じ仕事をしていても報酬面や福利厚生などの待遇が良くないので、正社員として他の会社に転職をしたい人も少なくないと思いますが、その場合は転職エージェントを利用すれば良いです。

その理由としては転職エージェントでは非公開求人が基本であり、一般の転職サイトのように求人情報を公開していませんし、年収などの報酬も700万円から2000万円クラスの求人が多くて非正規ではなくて正社員を募集していることが圧倒的に多いからです。

その為、非正規で働いている人であれば、そのままではいくら働いても正社員になることは出来ませんし、今後も日本政府が雇用側のつようが良いように常に法律を改正していくでしょうから、年齢が30代、40代になると必要なくなり使い捨てにされます。

 

 

非正規から正社員として転職したいなら転職エージェントを利用。

 

転職エージェントと転職サイトや転職情報誌の根本的な違いは、企業の求人情報が非公開になっているということであり、誰でも利用できないことが最大の特徴であり、転職エージェントを利用する場合は事前に専門のサイトに登録をしないと利用出来ません。

後は、転職エージェントの非公開求人は基本的にどれも年収が高くなっており、より専門性が高い技術や経験を有している人材のみを募集していて、年齢や性別などに関係ないことが多いことから、30代、40代の人でも多くの転職先が用意されています。

これだけを聞けば、転職エージェントを利用すれば誰でも非正規の派遣社員から正社員として転職ができるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、当然ながら年収が高い正社員の求人が多い転職エージェントでは利用できる人に大きな制限があります。

スポンサードリンク


 

 

非正規の派遣社員が転職エージェント利用するには専門分野の経験。

 

転職エージェントの利用する場合、誰でも出来るような単純労働をしている人は簡単には登録ができないような条件になっていますので、先ずは自分の専門分野を明確しておき転職エージェントに登録ができる要件を満たしているかを事前に確認しておきます。

転職エージェントや特化型の転職サイトを見れば分かるんですけど、必ず登録する際の条件が記載されていて、その要件を満たしていない人は登録をしても最初から良い返事が来ることはありませんので、転職エージェントのサイトを何度も確認します。

そして、自分が転職エージェントを利用する要件を満たしている場合は、なるべく急いで転職エージェントに登録をして、そこで運営している会社のエージェントからの連絡を待ち、自分の経験や能力にマッチした転職先の連絡が来るのをひたすら待ちます。

 

 

非正規で技術や経験のない人が転職エージェントを利用する方法。

 

非公開求人で年収が高く正社員の求人を多く扱う転職エージェントを利用する場合については技術や経験、年収が言って金額でない場合、何とかその要件を満たす仕事をしてから転職エージェントを利用することになりますのでやることはただ一つになります。

そのただ一つの方法とは、一回でいきなり本命の会社に転職をするのではなくて、ワンクッション挟んでから経験と技術を身につけて、転職エージェントや特化型サイトを利用できる状態にしてから準備が完了次第、転職エージェントで正社員を目指します。

現在、非正規の派遣社員であっても転職エージェントや特化型サイトを利用できる要件を満たしている人は意外に多いですから、これから正社員としてより良い待遇の会社に転職をする場合、なるべく早い段階で転職エージェントか特化型サイトを利用します。

転職エージェントで年収700万円以上の求人で求められている能力や実務経験と言うのは、共通してプロジェクトの管理側や経営側に近いコンサルタントに近い営業能力であることが殆どですから、それらに自信があれば今すぐにでも転職の準備をしましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク