年収2000万円以上の転職情報は何処で応募すればよいのか?

転職をする際に、殆どの人には関係ない話なのかもしれませんが、年収2000万円以上の転職先を探している人がいるのであれば、一般的な転職サイトではそのような求人掲載は先ずありませんし、特化型の転職サイトでもかなり難しい位の年収になります。

これまで見てきた年収2000万円以上の求人情報から言えば、一般的な日本の企業で働く際の月収とか年収と言った表現ではなくて、基本のベース年俸が1200万円、インセンティブ報酬が無制限、ボーナスが1000万円と言った感じの求人が殆どでした。

ベース年俸と言うのは簡単に言えば基本給の事であり、それが1200万円でインセンティブと言うのは仕事が目標を達成した時点の利益を、その貢献した売上に対して支払われるものであり、ボーナスもそれに関連してある無しがハッキリとしている感じです。

 

 

年収2000万円以上の転職情報は何処で応募すればよいのか?

 

あくまで私が見てきた転職情報だけでの話ですから、世界は広いので全てがこの条件に当てはまるのではないのでしょうけど、年収2000万円の求人はちょっと一般的な求人とは異なる部分が多くて、年収も完全出来高制で経営側に近いポジションが多いです。

この類の年収(ベース年俸+αの合計金額)が2000万円を超えている企業の求人は一体何処を見れば確認できるのかと言えば、転職エージェント等の特化型のサイトでも余り見ることがなくて私の経験上、経営コンサルタントが持っていることが多い案件です。

それで、経営コンサルタントがこの類いの求人依頼を受けて、適応した人材を必死になって探すことになるのですが、何故そのような方法で人材を探すかと言えば、経営コンサルタントに依頼した企業が信頼をしているからであり、この人の紹介が良い訳です。

スポンサードリンク


 

 

年収2000万円以上の求人を探す場合は積極的に行動をする事です。

 

では、このタイプの求人を所有している経営コンサルタントとどうやって知り合うかになるのですが、積極的に普段から行動をしていないと勝手にこのタイプの求人が転がり込んでくることは絶対にありませんので、普段からの人脈が最も重要になります。

基本的に年収が高い転職案件というのは、人脈経由で依頼を受けることが多くて転職サイトや転職エージェントには掲載されないような、高額報酬が提示されている転職案件が多いのですが、一度依頼が来るようになると、次から次から沢山来るのが特徴です。

このことからわかると思いますけど、条件が良い高額報酬の案件というのは、この案件を持っているコンサルや会社を中心に、そのコミュニティーの中で巡回していることが多くて、一般流出させることもなく、それで表に出ないまま人材が確保されています。

 

 

年収2000万円以上の転職を希望するなら英語力ネイティブは基本。

 

これも全ての年収2000万円以上の転職情報に当てはまる話ではなくて、私が知っているとか扱ったことがる案件のみでの話になりますけど、どの求人もベース年俸が1200万円を超えている時点で、必ず必須要件になっていたのがネイティブな英語力でした。

また、ITコンサルタントの経験等も大変高く評価されている事が多くて、それに合わせて特定の分野の実務経験やマネージメント管理能力など、年収2000万円にふさわしい堂々とした求人内容でしたから、殆ど経営者かそれに近い即戦力の人材ばかりですね。

年収2000万円の求人に転職をしたいと思った人は、いきなり行動に移せる人は殆どいないでしょうから、それに合わせて将来の人生設計を構築していかないといけませんのでそれに合わせて強力な人脈を持っているコンサルタントと親しくなるのが重要です。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク