非正規やフリーターの未経験者が正社員になる方法とは?

現在、非正規やニート、フリーターや派遣社員として働いている人であれば、転職をして早く正社員になりたい人が圧倒的に多いのですが、転職サイトを見ても未経験者で正社員の募集をしている求人は殆どありませんので、簡単には転職自体が出来ません。

アルバイトや非正規の求人であれば、バイト系の求人募集専門サイトで沢山募集されていますし、期間従業員等の募集も多くされているんですけど、肝心の安定している正社員募集の求人を探しても簡単には見つかりませんし20代でも探すのが難しいのです。

ただし、年齢が20代の若い人であれば、非正規やフリーターとして、正社員になりたくても自力では成れない人を支援するサービスを行政や民間企業が行っていますので、それを利用すればやる気さえあれば転職も可能ですが30代以上は有料になります。

 

 

非正規やフリーターの未経験者が正社員になる方法とは?

 

業界の未経験者が正社員として転職をする場合、何が一番必要なのかと言えば、人と話す対人折衝能力が最も必要になりますので、人と話が出来ない人や自分の思ったことを上手く伝えることが出来ない人は簡単には正社員として転職が出来ないわけです。

対人折衝能力と言うのは営業力があるかどうかなんですけど、非正規やフリーターで働いている人はこの折衝能力が高い人って多分殆どいないと思いますし、この経験を積むのは単純に仕事をしていれば良いという訳でもありませんから、ここが難しいのです。

一般的に若い日本人のフリーターや非正規で働いている人というのは、知らない相手と話して会話の中で主導権を取り、話を有利に持っていく方法を苦手としている人が多いので、この人と話す面接の能力を高くすれば未経験者でも正社員に転職可能です。

スポンサードリンク


 

 

未経験者が転職に必要な対人折衝能力を高くする方法とは?

 

私の友人が20代の時に未経験者から正社員として転職を成功させた際には、元々営業として働いていましたので、人と話すことに離れていて、転職サイトで企業情報を見ながら、転職サイト経由ではなくて、直接企業に連絡をして行く方法を取りました。

これも営業をやっていた友人だから機転がきいたのだとは思いますけど、転職サイトをみても未経験者は募集していない求人しかありありませんので、あえて転職サイトは企業情報を調べる場として利用しただけであり、後は直接アポなしアタックの連続です。

面接で必要な対人折衝能力と言うのは、本を読んだりネットで情報を収集しても身につくものではありませんので、ある程度の時間をかけて実際に営業的に人と話しながら経験を積む必要がありますから、相手から罵られても折れない強い心が必要になります。

 

 

上目線で罵られても折れない強い心がない人はどうすれば良い?

 

営業やプレゼンテーションの経験がない非正規として働いている若い人が、転職の際に面接で自分が有利になるような対応をすることは大変難しく、これについては経験を積んでいくしかありませんので、私の友人も何度も多くの会社に転職連絡を行いました。

未経験者が募集もされていない求人に対して応募をしたり連絡をするのは大変難しくて精神的に折れてしまったり、それ以前に不安感が出てきたり怖くて面識がない会社に連絡ができない人はどうすれば良いのか?って話になるのですが、1つ方法があります。

その方法というのが、自分ひとりで時間をかけて対人折衝能力を身につけていくのではなくて、そのような若い人で転職をした人は沢山いる訳ですから、そういった人向けに転職の支援をしているサービスを利用して、面接の経験を積んでいく方法があります。

未経験者やフリーターが正社員として転職をするのは容易ではありませんし、経験や知識なども当然ありませんから、だったら既に実績がある相手に相談を受ければ良いというだけの話であり、20代なら無料で利用できるので積極的に利用していきましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク