jobMiMi

転職・起業ポケットマニュアル

40代未経験で技術系職人として転職を成功させる唯一の方法

現在、年齢が40代で氷河期世代とか団塊ジュニアと呼ばれていた人たちが、会社を退職したりリストラされた後に、転職活動が上手くいかずに大変な苦労をしている人が本当に増えているのですが、日本では年齢が35歳を過ぎた時点で転職は難しいのです。

ただ、海外はもっと酷くて優秀な人材でも40歳定年と言われている国も多く、その場合は40歳までに資産をためてセミリタイアをするとか、独立をして起業をするとか、いつまでも会社で働く習慣がない海外の企業と比べれば、まだましかもしれません。

しかし、転職先を探しても40歳をすぎると本当に、求人自体がされていないことや、あっても車関係の期間従業員とか介護とか警備員とか、別に誰でも出来るというわけではありませんが、多くの人があまりやりたくない求人しか見つからなくなります。

 

 

40代未経験で技術系職人として転職を成功させる唯一の方法。

 

そこで、40代から興味を持つ人が多いのが、職人と呼ばれている技術系の仕事をしている業界であり、デスクワークとは違いますが、独自の技術を持っている小さな町工場とか中小企業では、年齢にかかわらず状況に応じて人材を採用することも多いのです。

一見地味なんですけど、実は定年まで安定して働けるのが技術系の職人であり、この業界はその職人の技術に依存をしてる仕事が大変多いので、その人がいなくなったら代わりが居なくなるって事も多く転職が上手くいかず病んでいた40代の目に止まります。

40代未経験で技術系職人として転職をする場合、実際に職人気質の社長さんが人材を募集しても年齢にかかわらず殆ど使えない人ばかりでまともに仕事を任せられる人が毎回来ないっていつも嘆いていましたが、これが40代でも転職が狙えるポイントです。

転職サイトの書類選考のように40代なら無条件でお祈りにはならないパターンです。

 

 

年齢に関係なく仕事ができる人を求めている職人の業界。

 

10代でも20代でも転職が難しいのが職人の業界なのですが、だったら未経験の40代でも条件はほぼ同じで扱われますので、もしかしたら上手く転職ができるのではないか?といった話になるのですが、これが案外盲点で50代の人でも結構いける感じですね。

知り合いの車屋を経営している社長さんが求人で自動車整備の職人を募集したのですが20代とか30代の転職者を雇っても全然仕事ができないし、すぐに辞めるしで困っていたところ、50代の未経験の人を雇ってみたら案外使えるし辞めないって状態です。

※自動車整備と言ってもレーシングカーの制作などプロ向けの整備士です。

50代で仕事に困っている人は転職が本気になっている人が大半で、なんとしても仕事を継続したいですし、別に正社員でなくても良いのでとにかく仕事が欲しいって人も多く、未経験者と言っても人生の経験がある分、飲み込みも早くて良い感じなのです。

スポンサードリンク


 

 

40代未経験でも職人として転職が可能になる抜け穴がある。

 

友人の社長さんが職人を募集していて、いつも嘆いているのが経験者を募集しても全然該当する人材が集まらないし、自称プロを名乗っていても全く使えない技術しか持っていないので、だったらもうやる気がある未経験者を採用したほうが良いという話。

すべての職人の転職業界に当てはまる話ではありませんが、実際に適切な経験者が集まらないけど、どうしても人材が必要な技術系職人を募集している中小零細企業も多くて、そういった企業を見分ければ、40代未経験でも技術系職人として転職できます。

ただし、給料は20代でも50代でも変わりませんし、社長曰く、高くても25万円あれば良いって業界らしいので大金持ちになりたいとか、タワーマンションに住みたいとか、そういった目的での転職には向いていませんが、本気になった40代には適切です。

40代や50代で無職で収入なしよりも、将来潰れにくい安定した技術職人系の会社で働いていれば、10万円でも20万円でも収入がありますし、何よりも働いているって実感もありますし、転職で上手くいかずに病むよりも仕事があったほうが良いですからね。

 

 

転職サイトには一切掲載されないことが多い技術系職人の転職。

 

大手の工場派遣とか自動車期間従業員募集でしたら、工場系に転職サイトや転職エージェントを利用すれば、アルバイトなどで沢山募集がされていますが、特殊技術を必要とする叩き上げの職人になりたい場合はそれらでは駄目で、他の方法で転職をします。

20代、30代、経験者を募集しても使える人材が集まらない・・・、このような条件にある技術系職人として働ける企業は、結構あるのですが、規模が小さいことや転職サイト等を利用していないことから、直接会社を訪問して社長と相談することになります。

今の時代インターネットを使った無機質な転職をする人も大変多くなっているのですが、職人気質の業界は昔から直接対面で対応するって人間味ある対応をしている会社が多くて、求人票も会社の前に紙で告知されているだけってことも多く穴場と言えます。

 

 

40代未経験で技術系の職人として転職するならネットよりも足を使う。

 

50代で転職が成功した未経験だった人は、社長の会社の前をよく通っていたらしくて、それで求人票を見て未経験で50代だったけど、本気でやりたいってアツく社長に相談をしてきたらしくて、人間性が重視されるこの業界らしく採用が決まりました。

40代未経験でも転職可能で、将来に渡って安定しているし、あまり年齢とか経験者の実績が意味がなくなっている、レーシングカーの制作関係など、特別な技術系職人といて、将来の技術を持つ転職をしたいなら、久々に自分の足を使ってみましょう。

足を使うのが面倒な人は、汎用的な職人とか工場の求人がほとんどで、ご説明したような職人の仕事はないかもしれませんが、40代未経験でも働きたいなら、こちらで技術系職人の転職先を探せます→【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク





jobMiMi © 2017 Frontier Theme