家賃補助20万円|会社の福利厚生が良すぎると退職出来ない?

会社の福利厚生というのは大変重要で、福利厚生がまったくなく、給与や待遇、勤務時間などに不満があるのであれば、直ぐにでも退職をしたほうが良い位なんですけど、地方とかブラック企業しか知らない人からすれば、福利厚生って何?って人も多いです。

なので、知らないなら知っておいてほしいのですが、福利厚生というのは会社が社員に対して給与以外の報酬を与えている仕組みのことで、日本は超がつく累進課税制度になっているので、年収を高くしてしまうと税金も比例して高額金額に推移していきます。

それを防ぐ方法として、社員の年収はそのままというか、極端に高くならないようにしておき、それとは別で住宅手当を毎月20万円支給するとか会社が所収する高級マンションに格安の5万円で住める、食費を負担してくれる等の方法で報酬を増やす仕組み。

 

 

家賃補助20万円|会社の福利厚生が良すぎると退職出来ない?

 

現在、全く福利厚生的な恩赦を得ていない会社で働いている人からすれば、そのような素晴らしい仕組みがあるとは知らなかった、家賃補助で20万円とか高級マンションに5万円で住めるって本当なの?とかなり驚くのですが普通に東京の会社ならやってます。

もちろん、全ての会社がやっている訳ではなくて、ブラック企業でしたら東京では地方よりも劣悪な環境で働いている人も多いのですけど、優良企業の場合、東京の物価に合わせて社員に待遇を約束して優秀な人材を確保しているので福利厚生は当たり前です。

そこで、家賃補助が20万円もでて、年収も地方の会社よりも圧倒的に良いのであれば転職をしたいって人が沢山出てくるんですが、こういった福利厚生が素晴らしい企業というのはハローワークや一般の転職サイトで求人を掲載することは殆どありません。

スポンサードリンク


 

 

福利厚生を手厚くしても退職する人が多い現実があります。

 

外資系の大手Googleの福利厚生が大変凄いってのは有名で、レストランみたいな社員食堂でいつでも無料で食事やお酒が飲めたり、信じられないリラクゼーションルームなどがネットに公開されているのを見て、こんな会社で働きたいなと思う人は多いです。

日本のGoogleの住宅補助の金額は知りませんけど、日本の企業でも私の知る限りは普通の社員に住宅補助で20万円位は支給していたり、家賃20万円を超える高級マンションに5万円で住めるなどの待遇で優秀な人材を確保している企業は普通にあります。

それくらいの福利厚生を提供している優良企業の場合、それ以外の年収や待遇も圧倒的に条件が良いことが多いので、退職する人はいないだろう?と思うかも知れませんけど、実際には退職する人は一定数いて、私の友人も普通に退職をしていました。

 

 

福利厚生が良すぎると退職できなくなると思う前に優良企業に転職。

 

基本的に住宅補助で20万円前後の福利厚生の恩赦を得ている人というのは、先ず優秀で仕事ができる人なので、別にその会社を退職してもどうにでもなりますし、自分で企業をしてみ良い位ですから、福利厚生が良すぎると退職できなくなる事は無いです。

実際に全く福利厚生を受けていない人で、東京の都心でタダ同然で住宅費を会社が負担してくれる企業に転職をすると、その会社に転職をしたら将来止めれなくなると思っているのであれば、それは正しくないことなので先ずは福利厚生付きの会社に転職です。

正直、他人に雇われて働く場合、住宅補助とか食事補助がない会社で働くメリットを探すほうが難しいくらいで、優秀な人材であればいくらでも福利厚生の提供をしてくれる会社も沢山ありますから、転職エージェント等で優良の非公開求人を探しましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク