40代で手取り15万なら工場に転職をして副業で稼ぐのがお勧め

かつての昭和の時代であれば、基本給の少なさを補うために必死になって残業をしてお金を稼いでいた人もいましたので、そのような上司の姿を見て将来はあのような人生になりたくないと思っていた人もそれなりにいらっしゃると思いますが如何でしょうか?

確かに、インターネットが普及をするまでであれば、基本給が少ない人は昇給も殆どないことが多いため、手取りの給料を増やそうとすれば会社で必死になって残業をするしかなかったので、今でも伝統的に残業をして小銭を稼いでいる人も多いと思います。

特に地方の会社では残業をしないと40代でも手取りが15万円以下の会社も少なくない為、家庭を持っていれば生活が大変になりますし、残業前提でそのような給与形態にしているとしか思えない会社も少なく、稼ぐなら残業のイメージが定着しています。

 

 

今の時代は残業をするならネットで副業をした方がお金になります。

 

インターネットが普及する前でしたら、田舎の場合は副業をするにしても働く場所もないので、現在働いている会社で残業をするしかお金を稼ぐ方法がなかったのですが、そのような考え方自体が間違っていることに最初に気がついておいたほうが良いです。

基本的に残業というのはそれをしないのが当たり前であり、残業をしている状態が当たり前になっている日本の企業の方が世界的に見たらおかしいわけで、残業をしないと40歳を過ぎても手取りが15万円の会社で働いている方が異常だと気がつくべきです。

今の時代でしたら、手取りが15万円位で残業をしないと生活が出来ない会社で働くくらいなら、一度退職をしてから、同じくらいの報酬で良いのであれば、残業が殆どなくて自分の時間に余裕ができる会社で働き、その時間を使って副業をしていきましょう。

スポンサードリンク


 

 

田舎で残業がない転職をするなら工場の仕事を検討しましょう。

 

田舎の企業の場合、社長や経営親族の超ワンマン企業である事が多くて何を言っても待遇が良くなることもなくて、定年まで働いても手取り15万円コースになることも少なくありませんので、正直言って何も知らない社員を利用している会社が多いのです。

仮に肩書がデザイナーやエンジニアであっても、実際に手取り15万円程度の仕事というのは、誰でも出来るようなオペレーター的な仕事内容であることが多くて、実務実績なども全くつかないことが多く、田舎だから何とか仕事があるような状態です。

名刺に書かれている職業に変なプライドが在る人なら別かもしれませんが、デザイナーやIT系のエンジニアであれば20代でも年収500万円以上の会社は東京に行けば沢山ありますので、そちらに転職をすれば良いだけなのですが実績的には難しい人が多いです。

 

 

会社に見切りをつけて工場で働きながら副業を成功させる選択肢。

 

手取り15万円位で会社でこき使われて、残業をしないと生活が出来ない位の会社であれば一層のこと、早めに見切りをつけて田舎に意外に多い工場に転職を行い、そこでシフト制で残業なしの状態で働いていた方が全然効率も良くて将来性もあります。

もちろん、田舎に大手の企業の工場があっても、いつまでそこで営業するかわからない時代ですので、定年まで工場で働く考え方は大変危険なのですが、工場の場合は残業時間が殆どなくてシフト制で自分の時間を確保できる多大なるメリットがあります。

通常、そのような働き方は都会でも相当仕事が出来る人くらいしか出来ないのですが、田舎の場合は大きな会社の工場が沢山ある場合が多くて、意外に転職がやりやすい状況であることが多くて、自分の時間を保てる転職先が身近にあることが多いのですね。

工場に転職をすれば、自分の時間が確保できるようになりますので、後はその時間を使ってネットで副業を始めていけば、時間はかかりますけど、それが1000円から10万円、100万円と増大していく事もよくある業界ですから、先ずは転職を検討します。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク