IT系の業界では年齢が35歳を過ぎると転職ができない話の真相

日本の転職サイトでは年齢が35歳を過ぎてしまうと転職サイトに掲載されている求人そのものが殆どなくなってしまいますので、転職が出来なくて困っている人が沢山いるのですが、例外的にIT系や看護師系の業界であれば年齢に関係なく転職が可能です。

しかし、稀にIT系の企業では年齢が35歳を過ぎたら転職が出来ないと言って、全く正反対の事を話している人がいらっしゃるようなので、そちらについてご説明したいのですが、結論から言えばIT系の業界であれば35歳を過ぎても幾らでも仕事はあります。

その為、40歳、50歳になっても仕事に困ることはなくて正社員として企業に転職をするよりもフリーランスで案件を受注して働いた方が収入が高くなるケースも少なくないので、結構、多くの人が30歳を超えるとフリーランスで働くことが多い業界です。

 

 

年齢35歳を過ぎてIT系で転職が出来ない人は実はIT系の仕事ではない。

 

IT系と呼ばれている仕事については、通常はシステム開発業務を指すことが多いのですが最近では何でもかんでもIT系と表現する人が出てきていますので、ITという言葉の範囲がとても広くなってしまっているので、それが原因で転職が出来ないだけの話です。

具体的にはシステム開発を35歳になるまで経験していれば通常は上流工程のポジションで仕事をしているはずなのですが、その経験が全くない人や実際にオペーレーター的な誰でも出来る仕事をしている人でしたら当然35歳以上で転職先は殆どありません。

実際に40代や50代でもIT系に特化している非公開求人を斡旋している転職サイトでしたら沢山求人は掲載されていますし、IT系のフリーランス系の特化型非公開案件サイトを見ても、70万円以上のエンドユーザー案件がゴロゴロしているのが全ての答えです。

 

 

IT系で年齢が35歳を過ぎると転職先がなくなる話はその人の問題。

 

年齢が35歳を過ぎた人が転職をする場合はオープンな転職サイトではなくて非公開求人が掲載されている転職エージェントを利用するのが普通であり、IT系の業界であれば単価が高い案件が多いことから、他のどのような業界よりも沢山求人がされています。

その状況で35歳を過ぎたら転職先がないと言った話が成立することはなくて、35歳を過ぎていてIT系の転職先がないのであれば、単純にIT系の話ではなくてその話をしている個人が転職が出来ないだけであり、それを業界全体の話にすり替えているだけです。

スポンサードリンク


人間は自分にとって不都合な出来事が発生すると全てを他人のせいにする人も多いので、このような話が稀に聞かれるのですが、正社員どころかフリーランスの非公開案件もゴロゴロとしているIT系の業界で35歳を過ぎたら仕事がない事はありえません。

 

 

IT系の業界での転職は35歳になった際の実績と経験が必要です。

 

IT系の業界であれば誰でも年齢に関係なく転職が出来たりフリーランスの高単価の案件にありつけれるわけではなくて、当然その年齢に見合った実績と経験が必要になりますから必ず上流工程の実務経験を積んでおく必要があり、それがない人は転職不可です。

また、最近では単純なWeb制作の仕事をIT系と表現している人も多いのですが、システム開発の業務がIT系であり、システム開発の経験をしている人が35歳を過ぎても転職やフリーランスでの需要が在る訳なので、IT系の意味を拡大解釈しないことも重要です。

現時点で35歳を過ぎるとIT系では転職が出来なくなると主張している人の大多数が、実はIT系とは呼べない仕事をしているか、能力が低すぎて年齢に見合った上流工程の実務経験がないかのどちらかですので、IT系の業界は将来の転職が容易な業界になります。

 

 

IT系業界で転職をする場合は特化型の転職エージェントを利用します。

 

ただし、大学を卒業してIT系の業界に入った若い人たちが30歳になるまでこの業界で働いている人は相当少なくなり、殆どが途中で体調不良や精神的なダメージを受けて退場してくのをリアルで私が20代の時に見ていましたので、体力と精神力は必要です。

IT系の業界に転職をする場合、よくある転職サイトではなくて、非公開求人、非公開フリーランス案件を扱っている転職エージェント利用して転職活動をするのが基本であり、もっと突き詰めて言えば、転職エージェントすら使わずに転職先を探します。

IT系の業界で転職をする際に転職サイトや転職エージェントを利用しなくても良い理由は、仕事が出来る人であれば35歳になっている時点で業界の中で人脈が完成しており、その人脈を使って案件を受けたり転職をする事が大変多い業界になるからです。

私の友人たちも30歳で退職をした人たちは自分たちで起業をして経営者になっていたり、フリーランスで働いていますが、仕事の受け先は人脈経由が多く、残念ながら、現時点で業界内で人脈がない人の場合は転職エージェントなどの非公開求人を使います。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク