転職活動が上手く行かない時は工場へ転職を検討してみる

会社を退職したものの、その後の転職活動が中々上手く行かないので焦ってしまって、無差別に企業に応募して、お祈りを大量生産している人がいるのであれば、一旦深呼吸をして落ち着いてから、何故転職活動が上手く行かないのか分析するべきです。

分析しないといけないと言われても、そのような精神的な余裕もなく、急いで転職を決めないと生活の問題もありますので、毎日のように一人で転職サイトを見ながら、順番に企業の求人に応募しないといけない事情があるのはよく分かるのですが・・・。

当てずっぽうに無差別に転職サイトを見ながら転職活動をしていると、どうしても本質が見えなくなってしまって、企業の採用担当者から見れば、明らからに雛形のような書類を送付していることが分かりますので、それでは書類が通過することはありません。

転職活動が上手くいかない要因が自分の能力不足や実績不足であるのであれば、そちらを再度調整してから転職活動をするべきですし、それ以外の人間性的な問題や性格的な問題であれば、自分に見合った職業や転職先を選ぶように判断しないといけません。

 

 

転職が上手く行かない時は工場へ転職することも検討してみる。

 

転職が上手く行かない理由については、人によって全く変わってきますし、年齢的な問題もあるかもしれませんが、採用をする側が書類選考でお祈りをする理由はただ一つであり、望んでいる人材と異なる人が応募しているから採用ではなくお祈りで返します。

転職が出来ない理由は個別の話になりますから、具体的に再現性や共通性がある話はできないのですけど、転職が出来ない状態で無理に転職をしようとしても絶対にうまく生きませんから、その場合は一旦工場で働くことを検討してみるのが良い判断です。

スポンサードリンク


その理由としては、工場での求人というのは、基本的には未経験者大歓迎であり、一部の特殊な製造業などの求人以外はマニュアル的な流れ作業であることも多く、それ故に人が中々集まらないので住宅完備や福利厚生を充実させて人を集めているのです。

工場で働くことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、万が一未経験者歓迎の工場での求人でお祈りが来てしまうのでしたら、それはその人に重大な問題があるということになりますので、それを判断するためにも工場への転職を検討するのは重要です。

 

 

転職が上手く行かない時は工場で働きながら次の転職の準備をする。

 

誰でも歓迎している工場での書類選考でお祈りが来るようでしたら、自分が関心がある企業への書類選考が通らないのは当然ですから、その時点で根本的な問題があることがわかりますし、工場への書類選考が通過すれば、求人要件に足りない部分があります。

そして、工場への書類選考が通過した時点で、一旦工場で働けばよいだけであり、その最大の目的は、工場では残業というものが殆どなくて決められた時間のみで働くことになりますから、自分の自由になる時間が確実に予定が付きますのでそれを利用します。

実際に私の友人でも工場で働きながらデザインの勉強をやっていて、それがきっかけでデザインの実績を作り、工場が閉鎖した際には余裕でデザイン会社に転職をすることが出来ましたので、自由な自分の時間を管理できる工場で働く事は状況次第で重要です。

工場の仕事自体は単純で面白くないかもしれませんし、それまでにデスクワークをしている人でしたら抵抗感があるかもしれませんが、転職を出来ないよりも何かしらの仕事をしながら次の転職の準備をしておいたほうが現実的ですから、先ずは転職です。

工場に転職をしてみて、実は案外その仕事が向いていると感じるかもしれませんし、人間何があるかわからない時代ですから、これまでオフィスで働いていて退職後に転職活動が上手く行かない理由を考えながら、先ずは工場の転職先を検討します。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク