経営コンサルタント業界に転職するなら転職エージェント

転職活動をする場合、経営コンサルタントのような報酬が高い特殊な能力が必要とされる業種に転職を希望する場合、一般的な転職サイトではなくて、非公開求人を扱う転職エージェントや特化型の転職サイトを利用したほうが希望する転職先が見つかります。

その理由としては、経営コンサルタントという職業は報酬が高くて、雇われの正社員でも年収1000万円を超える等は当たり前の世界ですので、そのような報酬で一般の人から見て分かりにくい職業であるコンサルタントを募集するメリットがないからです。

最近では、ルート営業でもコンサルタントを名乗っている企業も増えてきており、本来のコンサルタントの意味とは全くかけ離れた仕事をしている人も多いですから、転職サイトでコンサルタント募集を見て勘違いして応募でもされると選考だけでも無駄です。

 

 

経営コンサルタント業界に転職するなら転職エージェント。

 

基本的に、経営コンサルタントは他人雇われるよりも自分で実業として事業経営した方が遥かに利益が出る職業であり、コンサルタントなのに他人に雇われて働いている時点で大きなクライアントと対等にビジネスを営む事が難しいことはわかりますからね。

ただ、一般的な大企業のプロジェクトを組織的に補佐するようなコンサルタントでしたら、ある程度出来る人材が大量に必要になりますので、そういった人材は雇われの正社員として経営コンサルタント会社で働きながら、プロジェクト単位でコンサルします。

何れにせよ、経営コンサルタント全体的に報酬が高くなっていますし、それに対応できる人材も絶対数が少ないですから、特化型の転職サイトや転職エージェント経由で非公開求人で募集しておいたほうが、無駄に非適合な求職者の対応をしなくて済みます。

スポンサードリンク


 

 

特化型の転職サイトや転職エージェントには経営側の求人が沢山。

 

年収2000万円クラスの非公開求人を扱っている特化型の転職サイトや転職エージェントに登録をして非公開求人を見れば分かりますし、サイトで大まかに公開されている求人情報を見てもわかりますが、経営層に近い求人が沢山されているのが特徴的です。

一般の転職サイトの場合は、経営層に近いポジションで働く求人ではなくて、経営層の下で案件単位のプロジェクト管理者の指示通りに働く人材を求めていることが多くて、大まかに言えば技術職であるとか、単純労働者等の人材を積極的に募集しています。

より経営側に近いポジションで働く人材である程報酬が高いのは当然ですので、職業柄経営層により近い経営コンサルタントの求人が非公開求人で扱われているのは当然ですし、経営コンサルタントになるのであれば、特化型か転職エージェントを利用します。

 

 

未経験からでも経営コンサルタントに転職は可能?

 

これまで、経営コンサルタントとして働いたことない未経験の人であっても、経営コンサルタントに転職をした場合、この業種に限っては転職が可能なことが多くて、その理由は様々なクライアントの業種に合わせて経営補佐的なアドバイスを行うからです。

その為、経営コンサルタント会社も当然一定以上の能力と実績を持っている人材を求めていますが、経営コンサルタント会社で働いたことがない人でも、特定の分野での実績が大変高い人であれば、書類先行を通過することも多く、面接で最終判断になります。

経営コンサルタントが面接で落とされるなどはあってはいけない話ですし、対人コミュニケーションが高い人でなければ、経営コンサルタント会社に採用されることはありませんが、話すのが得意で特定の分野で実績がありお金を稼げる人はほぼ採用されます。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク