50代未経験で転職活動が上手く行かない場合の対処方法

年齢が50代になると日本の場合は転職先が大幅に狭くなり、50代の年齢の見合った実績のない人であれば正社員として転職をすること自体が困難になることが殆どになりますから、転職が上手くいかない人が多いんですが、正社員を外せば実は沢山あります。

都内でもコンビニなどで働いている50歳代の人は沢山いますし、モスバーガー等でも最近では50代の人を見かけることも多く、工事現場の警備員などでしたら50代、60代の人を頻繁に見かけますから、仕事を選ばなければ別に日本の場合は転職は可能です。

年齢が50代を超えていると、それなりの独自の価値観やプライドを持っている人が多くて、元々ある程度の役職で働いていた人であれば、前職と同じくらいの待遇で正社員でないと働きたくないと考える人も多いんですけど、市場に需要は殆どありません。

 

 

50代未経験で転職を成功させるにはアルバイトと副業も検討。

 

現実問題として、50代でも仕事が出来る人なら既に強力な人脈が構成されていて、転職サイトなどは一切使わずに直接転職をする立場の人が多く、転職後には報酬がアップしていることも多いんですが、年齢に見合った実績のない人の場合は大変困難です。

50代で前職の年収を保った状態で正社員で転職が可能な人は、殆どが特殊な技術を持っている人材であるか経営管理側のポジションの人になりますから、それに該当していない人の場合、50代以上であれば書類選考自体が全く通過しない場合があります。

その場合は、失業保険もいつまでも継続するわけではありませんから、取り急ぎの生活費を稼がないといけないことと、将来的な安定した収入源を確保しないといけない状態になるのですけど、案外上手くいくのがアルバイトと副業の組み合わせになります。

 

 

アルバイトでその場をしのぎながら副業で将来を安定させる。

 

別に50歳以上でも簡単に以前の状況よりも良い条件で正社員や役員として転職が出来る人なら問題はありませんが、それが上手くいかない転職に失敗している人であれば、いつまでも同じことを繰り返しいても、自然に状態が良くなる可能性は低いです。

スポンサードリンク


その状態になると、生活費等の出費で虎の子の貯金が恐ろしい勢いで減っていくことになりますので、将来的の不安度が大変高くなる上に、転職活動は上手くいかず書類選考のお祈りで精神的に参ってしまうことになるのですが、こうなると一旦落ち着きます。

50代で転職活動が上手く行かない場合の対策としては、一旦、プライドを捨てでも生活費を稼がないといけない事を理解して、アルバイトなら50代でもいくらでも働き先がありますので、自分で働ける無理のない仕事を選んでしのぎで転職をします。

 

 

50代までの経験が本当にあるのならネットの副業は沢山あります。

 

当然ですが、50代からアルバイトを始めてもそれで人生最後までやっていける訳ではありませんので、必ず軌道修正しないと生活保護を受給する事になりかねませんので、それを避けるためには急場のアルバイトに合わせてネットを使った副業を行います。

年齢が50歳になり実力があっても何かしらの理由で転職が出来ないのであれば、自分で仕事を始めればよいだけであり、ネットではクラウドソーシングなどの在宅で行える仕事が沢山ありますから、これまでの経験を活かして自分で可能な副業を始めます。

パソコンが全く使えないなどの状況でしたら、もう転職すること自体を諦めないといけないレベルになりますから、何としてもパソコンは最低限使えるように独学で良いので勉強をしていき、アルバイトに合わせて、ネットで副業を行う仕組みを作ります。

 

 

年収が700万円以上で実力があるけど転職できない50代ならこの方法。

 

それをこなしていきながら、最低限度の生活費を確保できるようになったら、何故?実力があるのに転職が上手くいかないのかを再度考えていき、転職が可能であれば正社員として転職活動を行い、無理であるなら副業を本業に変える考えが現実的です。

50代で実力があり以前の会社でもそれなりに認められていて年収が700万円を超える待遇で働いていたのであれば、非公開求人を扱っている転職エージェントを利用すれば、担当者が丁寧な対応してくれて適切な転職先を紹介してくれるのでそれもありです。

転職エージェントがうまく利用できないとか、利用要件を満たしていない50代のひとであれば残念ながら実力が伴っていないのに正社員などの高望みをしている可能性があると判断できますので、その場合はアルバイトと副業でコツコツと改善していきます。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク