jobMiMi

転職・起業ポケットマニュアル

IT系30代の転職で要求される上流工程の習得は炎上案件にあり?

一般的な転職サイトで求人情報を調べてみると年齢が35歳以上の求人が殆どないので、唖然としてしまう人も多いのですが、その後に転職エージェントや特化型の転職サイトなどの存在を知り登録して調べてみるとIT系の業界は年齢に関係なく求人があります、

実際にIT系の業界では30歳、40歳を過ぎていても幾らでも求人情報が掲載されていて、報酬も他の業種よりも高くなっていることが多いですから、それを見てIT系の業界に転職をしようと考える人もいるでしょうし、この業界は将来も安定しています。

ただ、IT系といってもどのような人材でも年齢に関係なく40歳、50歳になっても仕事があるわけでもありませんし、誰でもIT系なら年収1000万円以上になれる訳でもありませんので、転職業界で需要があるIT系の経験を積んでおかないと転職はできません。

 

 

IT系で転職に役立つ技術経験は上流工程のみで資格は意味なし。

 

これからIT系の業界で働いて経験を積んでおきたい人、既にIT系の業界で働いているので将来は安定していると思っている人がいれば是非しっておいて欲しいのですが、IT系の業界で年齢に関係なく仕事に困らない人は例外なく上流工程の実務経験者のみです。

その為、単に既にIT系の業界で働いているとか、大企業でIT系の仕事をしていて年収が1000万円以上あるから35歳以降の転職も安泰だと思っているとそれは大変甘い考え方になりますし、実際にそのような人は転職しようと思ったら全く需要はありません。

大企業だろうが中小企業だろうが、正社員だろうが派遣だろうが、IT系の業界で35歳を過ぎて転職をする際に全く困らない人になりたいのであれば、必ず上流工程の実務経験を積んでおく必要があり、その経験があるのかないのかのみで将来が確定します。

 

 

IT系の業界では資格を取得しても転職で全く意味はありません。

 

結構勘違いしている人がいて、IT系の業界では資格を沢山取得していれば、仕事や転職で有利になるって思っている人も多いのですが、実際にIT系の業界で働いてみれば分かりますけど、資格などは全く意味がない業界なので、資格は趣味で取得をしましょう。

転職の為にとか、仕事のために資格をとっても、IT系では意味がなく、唯一使える資格というのは英語力になりますから、訳の分からないITに関する資格(通産省の情報処理系の資格等)を取得するくらいの時間があるなら、英語力を身につけていきましょう。

スポンサードリンク


万が一、IT系の企業で資格を重要視している企業があるなら、それは確実にブラック企業でしょうから関わらないほうが良くて、資格で給料が良くなるとか昇給するとか、転職で有利になる業界ではありませんから資格なら唯一の英語力を学ぶのがお勧めです。

 

 

IT系の業界で働くならなんとしても上流工程の実務経験を積みます。

 

20代の頃であれば、IT系の業界で上流工程の仕事をしていなくても、実装や設計などで何とかやっていけるんですが、通常は仕事が出来る人なら20代後半では既に上流工程の仕事をしている人が殆どなので、20代後半で実装をしているなら結構危険です。

上流工程の仕事は、誰でも任されるわけではなくて、一定以上の経験を積んでいる人材しか任されませんし、経営側からこの人材に任しておけば安心だと思われる実績がないとやりたくても出来ないことが殆どなので、なんとしても上流工程の仕事をします。

私の経験上、実装や設計を担当している若い頃に、炎上するプロジェクトに遭遇することがよくある業界ですから、その際には上流工程の担当者の能力不足で書類がないとか指示が曖昧になることがよくありますが、その問題解決をしていると良い感じです。

 

 

IT系30代の転職で要求される上流工程の習得は炎上案件にあり?

 

実装や設計からワンランクアップするためには、周囲の自分よりも立場が高い人からみて、この人材は欲しいと思わせることが重要であり、簡単に言えば既存の上流工程の担当者が出来ないプロジェクトに関われば、より早く上流工程の対応も可能になります。

これについても経験している人ならよくご存知でしょうけど、上流工程が全く使えない人材で固められたプロジェクトは必ず炎上して、書類が全くない状態で設計や実装を言葉のやり取りだけでしないといけない究極のデスマーチ状態になることが多いのです。

デスマーチの中でも、上手く取りまとめて存在しない書類に書くべき実装の指示や修正の指示などを周囲に的確に伝えながら、上と下の板挟み状態で炎上したプロジェクトを終わらせるような仕事をしていけば、次第に上流工程の仕事をしているはずです。

転職サイトを見ればIT系でも年齢35歳以上の求人は殆どありませんが、それは上流工程に対応できる人材のみが必要とされているからであり、そういった人材は転職サイトや転職エージェントを利用したほうが企業も都合が良いので非公開求人が多いのです。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク





jobMiMi © 2017 Frontier Theme