アルバイト採用された40代が辞める原因は20代の上司?

年齢が40歳をすぎると、一般的な転職サイトでは年齢制限で転職が出来にくくなり、というよりも転職先が殆ど無くなり、IT系や看護師、年収が700万円以上の人は特化型の転職サイトや非公開求人を扱う転職エージェントを利用して転職先を探します。

40歳以上の人でそれらの転職方法を利用できる人は比較的転職が容易で仕事が出来る人になりますので、仕事に自信がない人はハローワークを利用したほうが現実的ですから、この年齢になるとできる人とできない人の差がハッキリと現れるのが特徴的です。

どちらの転職方法を利用するにしても確実に転職ができるわけではなくて、長期間転職活動が出来ずにお祈りが連続するようになると貯金残高との戦いになりますので、その際には生活のために転職活動をしながらアルバイトをしないといけなくなります。

 

 

40代で転職活動が上手くいかなくてもアルバイトなら転職可能。

 

実際に40代で仕事がうまくいかずに退職をした後も転職先が決まらない人がいて、何処に応募してもお祈りしか来ない状態だったんですけど、結婚もしているし子供もいる状態で無職で失業保険も止まっている状態では話しにならないのでバイトを始めます。

年齢が40歳をすぎると一般的な転職サイトには求人が全く無くなりますが、それは正社員である程度の条件を指定している場合であり、非正規の派遣やアルバイトも含めて業種もより好みしなければ、実は沢山求人はされていますのでプライドの問題です。

当然ですが、40歳を過ぎるまで働いてきていると、ある程度のプライドのような物があり、特に年齢が若い20代の人や女性の人などに対して、職場では上司であっても上目線で対応するような人も少なからずいて、大抵はそれで現場がトラブルになります。

スポンサードリンク


 

 

アルバイト採用された40代が辞める原因は20代の上司?

 

転職活動が上手く行かないのでアルバイトをすることにした人が早速現場に行くことになったんですけど、当然ですがアルバイトを募集してアルバイトを使って仕事をするような現場は年齢が若い20代の正社員が取り仕切っていることは普通にあります。

その為、自分よりも遥かに年齢が若い20代の正社員に対して敬語を使って頭を下げながら仕事をしないといけないことや、他の同僚なども年齢層が若い場合は一番年上ながら一番下のポジションで働くことになる為、その雰囲気に耐えれない人が多いのです。

現場によっては20代の正社員から徹底的に罵倒されることもあり、40代にもなって20代の若い正社員から顎で使われることに多大なるストレスを感じることもありますし、周囲が20代の人ばかりの現場で40代がアルバイトをすることに耐えれないのですね。

 

 

年齢が高い人が働いているバイト先なら40代でも結構安心です。

 

結局その人は、すぐにそのアルバイトを辞めてしまったんですが、生活がありますのでまたスグに転職活動をしながら他のアルバイト先を探すことになりますので、結局は40代でも罵倒されて我慢して働ける人か、安心できる現場を探すしか方法はありません。

中小のブラック企業などでしたら、20代の正社員の一般常識がなっていないこともありますし、マトモな20代もいることもありますし、大企業であってもアルバイトが働く現場は大抵似たようなものですから、ハズレのアルバイトを引かないことですね。

40代でも安心して働けるアルバイトの現場と言えば、キャバクラ、まいばすけっと、ヤマト運輸のセンター内の仕分け等が代表的だとは思うんですけど、これらでも当たりハズレが多いので、実際に現場に行ってみないと分からないのが特徴です。

本来であれば、40代でアルバイトに採用されて、20代の正社員に罵倒されるのが我慢できなくて現場を抜け出すような甘い精神力ではいけないのでしょうけど、転職活動が上手く行かない時は何かと敏感になっているので次が決まるまでは我慢しましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク