転職サイトの求人でOJTの文言があれば即戦力以外はお断りの意味

一般的なエン・ジャパンとかリクルート等の転職サイトで転職先を見ていると、色々な企業の求人を確認出来ますが、その中の求人の中でOJTと書かれている求人が増えてきているのですが、このOJTの文字がある求人であれば、即戦力のみを募集しています。

求人情報の中にOJTの表記があれば、転職後は一切当社は面倒を見ませんので当社の求人情報に掲載されている要件を満たしている人で即戦力の人以外は採用しませんし、仮に間違って採用しても試用期間中に解雇しますので、応募しないくださいの意味です。

このような会社の求人情報は横文字が多用されていて魅力的な求人になっていることが多いので、それで興味を持ち書類選考を応募して、その後の面接で何とか誤魔化しながら合格をして転職をした場合でも、OJTの本当の意味を分かっていなければ即退職。

 

 

転職サイトの求人でOJTの文言があれば即戦力以外はお断りの意味。

 

転職サイトの求人票でOJTの文言があれば、何だか転職後に凄そうな研修があるとか、丁寧に仕事の説明をしてくれそうなイメージがあるかもしれませんが、そのようなことはなくて転職したら説明などはなくていきなり即戦力で放置しますの意味になります。

通常は、転職後はある程度の研修期間等がある企業も多くて、その間のその企業でやるべき仕事や文化について3ヶ月間ほど学んでいくことがあるんですけど、OJTの文言がある求人の場合、その会社に入ると試用期間などはなくいきなり本番になります。

ある程度仕事ができなくても、何とか入社できたら、その後の試用期間中に勉強をすればなんとなるだろうと思っている人も多いのですが、本当に仕事が出来る人でないと仕事についてけない事が多くて自信がない人はOJTと書かれた求人はスルーしましょう。

スポンサードリンク


 

 

仕事に自信がある人ならOJTの文言記載がある求人に応募しましょう。

 

自分の仕事に自信があり、社内の研修期間が必要無い位の人であれば、OJTと書かれている会社の求人に対して積極的に応募しても問題ないのですから、積極的に応募しても良いですし、私も転職時に試用期間無しでいきなり現場で働くことになりました。

OJTのような最近増えてきた横文字が掲載されている求人というのは、日本語で研修期間は無しで会社は一切何も教えませんので、即戦力で働ける人だけ応募して下さいって掲載をしてしまうと差別とか苦情が殺到する事になりそうですがOJTなら無問題です。

日本人というのは横文字の表記に大変弱くて、日本語で書いた文言であれば抵抗がある内容であっても、英語で書くとあら不思議状態で、魅力的な文章に見えることや錯覚できるのが横文字の魔力であり、転職サイトなどでは当たり前のように書かれています。

 

 

転職サイトのOJT等の横文字表記の本当の意味を理解しましょう。

 

最近は転職サイトでも横文字表記が増えてきていて、単なるルート営業のことをコンサルティングと表記して如何にもすごい仕事をしているような印象を与えている事が多いのですが、OJTもそれと同じで、何も教えませんを横文字にして良い印象になります。

ただ、入社後はOJT研修ありと書かれている企業の全てがブラック企業と言う訳ではなくて、確かにブラック企業もあるんですけど、単純に転職サイト上で表現できる内容に制限があるので、あえてOJTの文言を使っている会社も多いのでそこを判断します。

転職サイトで気になる求人があり、その求人を見ているとOJTの文言があった場合、それが優良企業であえて言葉の表現の制限上OJTと記載しているのか、ブラック企業が意味もわからずにOJTの横文字を使っているのかを判断してから書類選考を応募します。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク