jobMiMi

転職・起業ポケットマニュアル

普通免許を取得していれば転職で有利になる?地方と都会の違い

かつては普通免許は就職や転職で有利になるので、必ず持っておいたほうが良いって話がありましたが、実際には普通免許=就職や転職に有利になることはなくて、唯一地方で車を使った営業職で働く場合のみ普通免許が必須になる位で後は通勤で使う位です。

私も若い頃には地方の会社で働いていた事がありましたけど、就職の合否に運転免許証の有無はまったく関係ありませんでしたし、通勤も自転車や徒歩で移動をしていましたので普通免許を仕事でも通勤でも使うことはなく、免許自体も持っていませんでした。

全国で言えばヤマト運輸のドライバーでもしない限り、地方で言えば車を使って仕事をしている営業職以外は、正直言って就職や転職で免許が必要になることはありませんので通勤で使うなら免許を取っておけば良いくらいであり有利になることもありません。

 

 

普通免許を取得していれば転職で有利になる?地方と都会の違い。

 

就職や転職をする際に普通免許があるかと言えば、運転ドライバーにでもならない限り全く必要ありませんし、デザインやエンジニアとして働く場合は普通免許は全く必要ありませんので、普通免許=転職有利でもありませんから転職とは切り離しましょう。

特に電車通勤が基本の都会の場合は、通勤でも車を使うことはありませんので、車は完全にプライベート用の移動道具になりますし、都会では普通免許を取得していても車を所有していない人も多いですから、全く転職に関係ない事がよくわかると思います。

ちなみに、都会から地元の田舎に出戻りをする際に運転免許を取得している人も多いですから、都会で働くのでしたら転職に免許は不要で、田舎で働く場合は営業職なら状況により免許が必要になり、運転ドライバーになるなら免許は必須になるといえます。

スポンサードリンク


 

 

地方の営業職は車で移動を強制されている会社も多いのです。

 

都会の営業職は基本は電車で移動をしていますので、車移動は大きな会社の役員位であり、都会の会社の社員の通勤に関して言えば殆どが電車通勤ですから、免許が必要とされることはなく、私も都会で一度も運転免許が必要になることはありませんでした。

地方で働いていた時にも専門職である私の場合は会社で運転免許証が必要になることは一度もありませんでしたし、会社への通勤も自転車や徒歩で移動していましたから運転免許証が仕事で必要になることはなく、通勤でも必要になることもありませんでした。

ただし、地方の会社で働いた時には、営業職として働いていた人だけは軽自動車でいつも取引先を移動していて、会社からガソリンカードを配布されていましたので、確実に運転免許証が必要になりますので、特殊技能がない人は免許があった方が良いですね。

 

 

仕事では必要なくても免許証を取得しているとプライベートで便利。

 

結論から言えば、運転免許証を取得について言えば、将来地方で営業職として働く予定がある人、特別な技術や経験がなくて失業した場合に職業を選べない恐れがある人は免許を取得しておいたほうが良くて、後は専業の運転ドライバーなら必須になりますね。

それ以外の場合は、仕事や転職で運転免許証が必須になることはありませんので、私の経験としてはプライベートで車を楽しく予定がある人であれば、断然運転免許証を取得しておいたほうが良くて休日のドライブ等も地方などではとても有意義に過ごせます。

運転免許証は身分証明書に使えるといいますが、実際に使うことは殆どありませんし、最近では他の証明する方法もありますので早めに免許証を取得しておき、ゴールド免許にアップグレードをさせながら仕事ではなくプライベートを充実させて行きましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク





jobMiMi © 2017 Frontier Theme