転職サイトやハローワークの求人情報を信じると危険な理由

転職をする際に、ヘッドハンティングをされて転職活動をしない状態で次の会社に転職をするって人は、相当仕事ができる人限定の転職方法になりますので、殆どの人は転職サイトやハローワーク等に掲載されている企業の求人情報を見て転職活動を行います。

しかしですね、ここ最近は良い条件で転職が出来ない人が大変多くなっており、選ばなければ実は仕事はいくらでもあるんですけど、殆どの人はなるべく条件が良い会社に転職をしようと行動する為、それを悪用しているブラック企業が大変多くなっています。

そのブラック企業が行う手法としては、転職サイトやハローワークに掲載している求人情報と実際の業務や報酬をぜんぜん違うもので掲載し、優良企業であると認識されて転職活動をしている人を劣悪な条件で採用するって状況で特に増えている状況です。

 

 

転職サイトやハローワークの求人情報を信じると危険な理由。

 

この転職サイトやハローワークに掲載をしている求人情報と実際の仕事が違う、実際の報酬や年収が違う、実際の労働時間が違うってトラブルは相当多くなっており、悪質なブラック企業ではITエンジニア募集で実は強制営業だったって話もザラなのです。

何故?、最近このようなトラブルが多くなっているのか?と言えば、それはより良い転職先を探している人が大変多くなっていることから、嘘の求人情報でなるべく質が良くて真面目な人を騙して採用をすれば、大抵過労死するまで働きつづけるからです。

それもブラック企業はよく分かっているので、なるべく仕事が出来て条件がよい転職先を探している人に対して、嘘の求人情報で興味をもたせ、それで入社すれば安月給で過労死するまで延々と働かせ続けることが出来ることから、この問題は増えています。

スポンサードリンク


 

 

転職サイトやハローワークの求人情報を信用できないならどうする?

 

ただ、転職サイトやハローワークの求人情報に嘘が多いから信用しないほうが良いと言っても、実際にはそれらの求人情報を見ながら判断をするしかない人が殆どなので、どのようにしたらブラック企業の嘘の求人情報に騙されないのかを知りたいと思います。

この場合、一番良いのはその企業の業界詳しい人に相談をするのが確実で、例えばIT系に詳しい人なら未経験で40代で月収50万円保障って求人があれば直ぐにおかしいと判断できますし、その求人のどこがおかしいのか?それも嘘の詳細がわかります。

自分もその業界の経験があるから大丈夫と思っていても、実はブラック企業は更に斜め上をいっており、自分が詳しいではなくて、もっと詳しい人や信頼できる友人や親族などとよく相談をして、本当にその求人情報が正しいのかを何度も確認していきます。

 

 

転職のことは転職のプロに相談をするのが一番間違いがありません。

 

転職サイトやハローワークを使った転職をする場合、自分で転職先を探す事になりますので、それにより嘘の求人情報を信じてしまってとんでもないブラック企業に転職をしてしまうって状況になりかねないのですが、これを防ぐには専門家に相談が一番です。

専門家というのは転職エージェント等の転職を専門に扱っている企業のことであり、これは自分で求人を探すのではなくて、自分能力や希望に見合った企業を転職エージェントが探してくれて、それで問題がないかを相談しながら転職が行える方法です。

転職エージェントを利用すれば絶対にブラック企業の嘘の求人情報を掴まないって保障がある訳ではないのですが、転職エージェントで扱っている非公開求人は全体的に転職サイトやハローワーク等よりも質が高い傾向にあり、間違いが出にくい構造です。

また、専属の担当者が一緒になって転職先の業務内容や労働時間、待遇や年収などを精査してくれることから、ハローワークや転職サイトを使って単独で転職活動を行う状態と比較したら、断然転職の安心感が増えますから、是非とも利用しておきましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク