jobMiMi

転職・起業ポケットマニュアル

退職届を提出したら会社や上司が引き止めた場合の判断方法

日本の会社で働いていると、退職時には手書きの退職届が必要になりますので、これまで退職した経験のある人であれば、最初にパソコンでプリントアウトした退職届を管理部に提出をしていまい、直ぐに手書きじゃないと駄目ですって言われた人もいる筈?

それで、会社に退職届を提出した際に、会社の上司や役員などが体色をしないように引き止めてきた場合、後は信じられないのですが転職をしたら暴力を振るうなどの法律に違反するような行為に及んだ場合、その上司の対応を見て退職を急いだ方が良いです。

その理由について、私の経験上、退職届を提出したり退職の意志を会社の上司に伝えた場合、先ずは上司や役員などが個別に理由を聞くことになるのは当然なのですが、その後に話を聞いて引き止めることはなくて、有給を全部使わせてくれていた環境でした。

 

 

退職届を提出したら会社や上司が引き止めた場合の判断方法。

 

これ、会社に退職届を出したり、上司に退職の意志を伝えた場合、その対応を見て退職したほうが良い会社なのか、退職をしなくてもよいのか?、の判断をすることが出来ますが、無条件で退職を引き止めてくるような会社であれば、今すぐ退職しても良い位。

何故なら、なにか悪質な転職エージェントやヘッドハンターに騙されて転職をしようとしているのであれば、上司や会社はその理由を納得するように説明して退職をしないほうが良いなどの説明をするのなら良いのですが、無条件で引き止める時点で終了です。

自分たちの都合でメリットが有る退職をしようとしている社員がいれば、その社員が退職後も有益に過ごせるような対策をとってくれるのが普通であり、私もその光景を見てきて退職をした訳で、根拠もなしで退職するなとかって言ってる時点でブラック企業。

スポンサードリンク


 

 

退職の意志を伝えた時点で快く対応してくれる会社は優良企業。

 

退職の意志を伝えたら脅しや恫喝をしてくる上司や会社の場合は問題外なので、退職前に警察に相談に行かないと、最近は社員を監禁したり暴行をしたりしている事件も発生しているので、有給は使わさんとか、体力は許さんって会社ならもう即退職処理です。

それとは反対に、東京に引越して頑張りたいとか、海外に移住して自分の実績を試したいなどの理由で退職する場合、会社側が全面的にバックアップしてくれて、有給は全て使っても良いとか、勤務時間を都合でずらして良いとかこんな感じの対応が普通です。

私もそんな感じで転職をしてきていますので、それが普通だと思っているのですが、この話を聞いてそんな会社聞いたことがないぞって人であれば、実は超絶ブラック企業で働いているってことになりますので、なるべく早く退職をしたほうが良い訳なのです。

 

 

会社や上司が退職を引き止めた場合は退職を辞退するべき?

 

では?退職の意志を伝えた時点で会社や上司が引き止めをしてきた場合、これも既にご説明したとおり、状況をよく聞いてくれて、稀にある悪質なヘッドハンターに誘われているとか、悪質な転職エージェントにブラック企業を紹介されているなら話は別です。

それは、その業界で長く働いている人なら、表向きはよく見えても実際にはブラック企業であるとかの裏事情を知っていることもありますので、それを分かりやすく説明してくれて、その企業に転職をしないほうが良いと進めているなら話を受け入れるべき。

ただし、この判断は経験が少ない人では自分だけではわからないし、間違った判断をしてしまうこともありますので、信頼できる親族や友人たちと相談をしてみて判断をするのも良いですが、転職エージェントに登録をして相談をしてみるのも良い判断ですね。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク





jobMiMi © 2017 Frontier Theme