転職先と住居を紹介してもらい地方から東京に移住しよう

現在、地方で働いている年齢が若い20代の人であれば、今の生活に満足をしていなかったり、将来的には東京に状況をして東京で仕事をしたい人も沢山いると思いますし、20代の頃の私もそのような状態で地方で働いていたことがあります。

結局、東京の会社に転職をすることになり、東京に引っ越しをして自分で賃貸マンションを契約し働きながら生活をするようになったわけなのですが、その際には引越し代や新しいマンションの賃貸契約などで100万円位の費用がかかった記憶があります。

 

 

20代が東京に引っ越す場合は100万円位の費用が必要?

 

この100万円位の金額の中には、何度も東京にした見に行き、土地勘がない都会で物件を探していた際の費用や、転職先の会社に何度か訪問をした際の費用も含まれているのですが、移動をするだけでもこれくらいの費用がかかることは普通にあります。

地方から東京に移動する際、飛行機代だけでも数万円かかりますし、現地での滞在費用のホテル代も1日7000円位は必要になりますから、あっという間に予算がオーバーしていくことを考えると、中々思い切った東京への移住が出来ない若い人も多いはずです。

この際物件は、家賃が10万円を超えていたので、トータルで100万円位の費用が必要になったわけですが、もっと安い物件であれば、60万円から80万円位で収まる場合もあるとは言え、東京に引っ越しをしたい場合は安くはありません。

こんな話を聞くと、自分に自信もあるし、東京に引っ越しもしたいけど、そんな予算は確保できないので諦める兎しかない・・・と思う人も多いかと思うんですけど、実はこの東京に転職をする際に費用があまりかからない方法があるのをご存じでしょうか?

 

 

地方から東京に転職をしたい若者向けの転職支援サービス。

 

最近では、便利なサービスも増えてきているようで、地方から東京に移住をして、東京で仕事をしたい人向けに、その気持だけあれば、転職先も引越し先も全て用意してくれる転職支援サービスがあり、後はやる気だけで東京に移住が出来る時代になっています。

この転職支援サービスがどのようなサービスなのかと言えば、地方から東京に引越をしをして、東京で働きたい20代の若い人向けに、そうは思っても転職先も分からないし、土地勘もないので引越し先も分からなければ、それを用意すれば良いとの発想です。

実際に私が20代の頃に地方から東京に引っ越しをした際には100万円位の費用がかかってしまいましたが、この費用の中で最も高額になるであろう、東京の不動産物件にかかるコストを大幅に削減をして、転職支援をしてくれるサービスになっております。

また、東京の現地にて、自分で引越し先を探すこといなったり、転職先を探すような手間を省けますので、後は自分にあった転職先や引越し先を転職エージェントが対応してくれるのがポイントであり、兎に角東京に行きたい人に向いているサービスです。

 

 

転職先と引越し先を支援してくれる転職支援サービスが必要ない人。

 

一見して、便利そうに見える転職先と引越し先を支援してくれるこの転職サービスなんですけど、明確に東京の転職先が決まっている人、明確に東京の引越し先が決まっている人の場合は、全くメリットがない事が見ただけでわかるサービスになっています。

自分で転職先を見つけて、引越し先も見つけれるような人でしたら、それだけでもう東京に引っ越せるわけですから、転職先と引越し先を用意してくれたところで意味はありませんので、そのような人は、どんどん自分でやりたい事をしていくべきですね。

逆に、東京で働きたいし、自分の可能性にも自信があるけど、東京の事がよく分からないし、土地勘もないし、まとまった費用を用意できない人の場合は、積極的に利用したほうがメリットが出るサービスになっていますので、利用目的が明確なんですね。

スポンサードリンク


 

 

敷金、礼金、仲介手数料が全く必要が無いのがメリット。

 

東京の賃貸物件を契約する際には、兎に角色々とお金が必要になることが多くて、家賃が7万円の賃貸マンションであれば、敷金が3ヶ月分、礼金が1ヶ月分、仲介手数料が1ヶ月分、事前の家賃費用が1ヶ月分等普通に必要になり42万円が必要になります。

この費用、20代の若さで用意をしようと思ったら結構大変で、特に地方で働いている人はあまり待遇が良くないことも多い為、東京への引っ越しへの一番の負担になっている住宅にかかる費用が殆ど無くなるのが最大のメリットになっています。

家賃に関してはなくなりませんけど、敷金、礼金、仲介手数料が全て0円になりますので、家賃が7万円のマンションでしたら、35万円位の費用が安くなることになりますので、後は引越し費用と1ヶ月分の家賃位で予算が収まることになるのが嬉しいですね。

それに加えて、転職先の紹介支援までしてくれる訳ですから、とにかく東京に引っ越して東京で働きたい人、田舎でこのまま終わってしまう自分に納得ができない人であれば、是非とも知っておきたい転職支援サービスになるといえるでしょう。

 

 

引越し先の環境は一人暮らしかシェアハウスなのか?

 

こちらの転職サービスでは、引越し先と転職先の両方を同時にサポートしてくれるのですが、引越し先の環境によっては完全に独立をしたアパートやマンション、コスト重視の最近流行りのシェアハウスのどちらかを選べるようになっているようです。

地方で生活をしている殆どの人は、シェアハウスではなくて、完全に独立しているアパートやマンションを選ぶ人が多いとは思いますけど、知らない人と大勢で共同生活をしてみたい人であれば、家賃も安いシェアハウスも選択肢に入るかと思います。

また、引っ越しをする際には家電や家具などが最初から用意されている物件が基本らしいので、引越し費用も殆どかからずに、自分の体と日用品、パソコン位をハンドキャリにて東京に持っていけばそのまま生活が出来るようになっているようです。

これは、現在田舎の実家で生活をしている人にとっては、そのまま環境を変えれますので、何かと便利な対応なんでしょうけど、現在田舎で一人暮らしをしていて、家具などの荷物が沢山有る人にはちょっとデメリットなのかもしれません。

細かい荷物の話については、転職エージェントに相談をしてみると良いでしょう。

 

 

地方から東京に引っ越す際の最大のメリットは年収アップ。

 

こちら、転職先と引越し先を同時に紹介してくれる便利なサービスになっているんですけど、地方から東京に引っ越す際の最大のメリットと言えば、何よりも年収が殆どのケースでアップすることであり、それにより将来への希望が持てることです。

コンビニのアルバイトでも地方なら800円が限界であっても、東京なら1500円位の時給に設定されている事も普通ですし、全体的に物価が高い分、給与も高くなっているのが東京の相場になりますので、必然的に派遣社員や正社員も待遇が良くなります。

一度でも年収アップをすると、気分も良いですし、次に繋がりますので、チャンスが有れば東京を狙って進出するのがオススメですし、東京特有の住宅手当が支給される会社に転職をした場合は、年収が50万円以上いきなりアップすることもあります。

こちらについては、個別の話なりますので、実際に転職をしないと分からないのでしょうけど、地方で働いているときよりも報酬が下がる事は年齢が若い人でしたら殆どありませんので、後は東京に行くのか行かないのかの判断になる話になります。

自分に全く自信がなくて、このまま田舎に篭っていたい人なら別でしょうけど、自信があって積極的に東京で働きたい人であるなら、やる気があれば何とかなる時代になっていることを考えると、一度検討しても損はないと思います。

 

東京での就業と住まいを同時提供のTokyoDive




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク