デザイン系で条件が良い求人に転職をする際の注意点

デザイン系で働いている人の場合、転職をするなら大抵の人は同じ業界で転職先を探すのが普通で、私の場合は全然違う完全なシステム開発会社に転職をした経験がありますけど、デザイン系とシステム系はソリが合わない肌質の人が圧倒的に多い印象です。

そこでデザイン系なら同じデザイン系で転職を探す人が多く、実際の後輩の女の子が手取り15万でこんな給料が安い会社でやってられないって転職先を探していたところ、月収30万円位でデザイナーを募集していたので、我先にと転職活動を開始しました。

その後、気になる月収30万円位のデザイン会社に転職をして後輩の女の子なんですけど、実際に転職をしてみると想定とはかなり違った会社であり、パワハラ的な信じられない嫌がらせをされる会社で、デザイナーと言うより営業主体のブラック企業でした。

 

 

デザイン系で条件が良い求人に転職をする際の注意点。

 

デザイン会社で条件が良い会社、実はデザイン会社というのは給料がかなり低い金額に設定されていることが多く、特に地方のデザイン会社の場合、手取りで13万円ってのも珍しい話ではありませんので、IT系と比較するとかなり安い金額になっています。

ただし、デザイン系の分野では、他人に雇われるのではなくて、実力がある人が独立をして個人的に仕事をすれば桁違いの売上を上げることができることや、本来デザイナーは個人にお客さんがつくタイプの仕事なので、雇われている時点で・・・って感じ。

その事を考えれば分かりますが、デザイン会社で働いている多くの人が自分の会社はブラック企業だと認識している事が多いですし、実際に給料も安いので常に転職先を探していても、デザイン系以外には転職が難しいことが多く、ブラック企業に捕まります。

スポンサードリンク


 

 

ブラック系デザイン会社に転職をしたら悲惨な結果になる?

 

後輩の女の子が転職をしたデザイン会社ですが、営業成績がグラフで表示されているような会社で、まさにブラック営業を要求される企業と同じような感じで、挨拶や朝礼なども強制的にされているので、まあ、デザイン系の人なら合わないって感じの会社。

それで、売上成績が悪い社員には罰則が待っていて、朝礼の際に全社員の前に引きずり出され、順番に社員が顔にバカとかアホとかって文字を書いていく・・・ありえないようなパワハラというより、これって普通に犯罪になりますので警察に相談案件です。

全社員の前で罵倒して、社員に順番に顔に落書きを共用させ、更には何度も謝罪をさせる・・・まさに典型的なブラック企業というより、犯罪企業になりますので、その事実を知った後輩の女の子は、当然ですが直ぐにその会社を退職することになりました。

 

 

デザイン系で月収30万って条件の求人は疑ってかかるべきです。

 

基本的な話としては、デザイン会社というのは待遇が悪いというか、固定給で手取り15万円等も地方では当たり前であることが多く、所謂ブラック企業と呼ばれる雇用状態に陥ってしまいますので、最終的にはそこで実績を積んで独立をするのが普通です。

なので、最後まで会社で雇って頂くって感覚ではなく、あくまで独立までの通過点と考えたほうがよく、逆に言えばデザインは個人にお客さんがつくキャバクラのような業界なので、雇われているのであれば待遇が良くないと考えておいた方が無難ですね。

アップル等の大手企業でデザイナーとして雇われているのであれば、話は異なりますが、その領域になると個人契約の最終形態のようなものなので、日本の会社でデザイナーとして働く場合、あからさまに条件が良すぎる求人は疑ったほうがよいですね。

そこでデザイン系で転職をする場合、年収が高い非公開求人を主体に扱っている転職エージェントを利用するってなるのですが、利用するには年収制限があること、デザイン会社以外でデザイナーを募集している会社でないと待遇が良くなることはありません。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク