履歴書を一文字だけ書き間違えた場合はどうすれば?

日本の企業に勤めている場合や、日本の企業に就職をしたい場合、必ず必要になるのが履歴書と職務経歴書の2種類の書類であり、この2つの書類の中でも履歴書についてはパソコンで制作をすることが出来ない為、常に手書きになることが殆どです。

ただ、新卒で就職をする場合は、履歴書だけで良い場合もあります。

日本の企業でパソコンを使ってワードで制作をした履歴書の提出を認めいている日本企業は殆ど存在していないのではないかと思える位、日本国内では自分で書いた履歴書が必要とされることが当たり前ですから、この書類を書くのは本当に大変です。

特に履歴書の場合は、書かないといけない項目がとても多くて、何とか最後まで書けたと思ったら、最後の最後に書き間違えることも少なくない為、これまで多くの収束をしてきた人達が履歴書に悩まされてきているのは言うまでもありません。

最後の一文字を思わず間違えて書いてしまった場合のショックは相当なものです。

 

 

履歴書で1文字だけ間違った場合はどうする?

 

最後の最後で一文字だけでも違えてしまった場合、その履歴書は失敗作になってしまう訳なんですけど、そこで考えるのが、別に一文字くらいならなんとかなるのではないか?、上手く文字をつなげて誤魔化せないか?、そう考える人も多いと思います。

私も、新卒の頃には履歴書を何回も書き直しする羽目になり、ボールペンで書かないといけませんから間違えてしまうと修正も行うことが出来ませんので、間違える度に、また一から履歴書を書いていた頃がありますので、誰でも一度は通る道ですね。

この場合、一文字だけ間違えた履歴書を見て、何とかこれを使えないかと何度も考えたんですけど、受け取る側からすれば、文字があまりうまくない分にはまだ良いのでしょうけど、あからさまに間違えている文字を見ると印象が良くなるはずもありません。

スポンサードリンク


何度もなんとかしようと考えたり無理に文字を繋いで修正をしようと考えたりしたんですけど、本命の就職先の企業に提出する書類として使う以上、間違えている文字を使うのはよくありませんから、結論から言えば、毎回新規で書くことになりました。

 

 

面接の際には履歴書を面接官が確認しながらの対応になります。

 

まだ、一度も日本系の企業に就職をしたことがない人でしたら分からない人もいるかもしれませんけど、書類選考を通過して面接を受けるようになった場合、殆どのケースで面接官は履歴書や職務経歴書をその場で確認しながら面接を行います。

その際に、誤字脱字であったり、明らかに書き損じたような履歴書であれば、あまり良い印象を持たない可能性も高く、別に下手な文字でも良いので、一生懸命に真剣になって書いているのであれば、面接官は評価をしてくれるのではないでしょうか?

まあ、下手でも良いので一生懸命になって、何度も間違えては新規で書いた履歴書を見て、貴方は字が下手くそですね・・・と笑いながら話してくる面接官がいれば、そんな会社はその時点で辞退をしたほうが良い会社であると判断できます。

逆に、誤字脱字があってもそのまま気が付かない面接官の場合もちょっとこの人大丈夫なのか?、と不安になってくるでしょうから、やはり本命の就職先、転職先の企業であれば、例え一文字の間違いであっても、新規で書き直したほうが無難です。

もし、一文字だけ間違えてしまった履歴書があるのであれば、それを見本にしてから、ゆっくりと間違えないように書き直していけば良いだけですから、全く無駄になるわけではありませんので、たった1文字であっても、自分の人生に影響がある貴重な一文字であるとして、完成するまで履歴書を書いていくのが成功の一歩になります。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク