jobMiMi

転職・起業ポケットマニュアル

無職40代からやり直す方法は異業種への転職チャレンジ

会社を退職してから転職をする場合、出来れば次の会社が決まっている状態で転職をするのが一番良いのですけど、自分の都合とは関係なく、会社の都合でリストラをされてしまったり、やむなく退職をしないといけなくなる状態は40歳以上なら普通です。

ただ、年齢が40歳を過ぎている場合、中々再起をかけるべく手段がないことも少なくなくて、企業や自治体などが積極的に正社員になるための支援をしてくれることもありませんので、ただただ、辛い思いをしながら自室で考えてしまう人も沢山います。

日本の場合は、正社員であれば失業保険がありますので、それを上手く使えば1年ほどは何とか生活が出来るような時代になっているんですけど、その期間はあっという間に過ぎていきますので、それからは仕事をしないと貯金でのやりくりになります。

誰も支援してくれないし、ハローワークに行ってもいまいち結果が出ない状況が続き、失業保険がなくなってくれば、それは凹んでしまいがちですけど、年齢が40歳を過ぎるまで生きてきたんですから、これまでやってきたことを振り返る事から始めます。

 

 

年齢が40歳になっている時点で何かしらの経験があるはずです。

 

20歳を過ぎてずっと実家の部屋に篭って生きてきた人でしたら別かもしれませんが、普通の人であれば、40歳を過ぎて無職になるまで、何か知らの仕事を必ず行ってきているはずなので、その経験を活かしてこれからどうしたら良いかを最初に考えます。

なにしろ、社会に出て20年以上の実務経験があるわけですから、それが自分から見れば些細な経験であっても、その経験を必要としている企業は必ず何処かにあるはずなので、単に人生のマッチングが上手く言っていないだけの人が案外多ですからね。

通常、年齢が40歳を過ぎて無職歴が長い人の場合、大抵の企業が門前払いをすることになるんでしょうけど、その際に年齢以外に企業が欲しがるものを持っている人であれば、贅沢はできませんけど、企業によっては興味をもつことだってあります。

実際に、40代後半の男性の方で、無職の状態から何度も転職活動をしていた人がいたんですけど、その際に面接で落ちてしまって、かなりの専門的な技術と経験があるのに上手く行かない転職活動に絶望を感じていた人がいらっしゃいました。

スポンサードリンク


若い頃は、イケイケで積極的に働いていたこの男性、元々は自分で事業を営んでいて、それが途中でうまく行かなくなってからその後は雇われで働いていた事もあり、どうせ転職先が決まらないのであれば、自分で起業をしようと決意をしたわけです。

その後、自分で再度決意をして事業を立ち上げてみると、案外雇われていたときよりもうまく仕事が回ることに気がついたこの男性は、今では自分で店舗を持ってそこで経営者として働いていますので、人生何が起こるかわからない時代ですね。

 

 

転職が上手く行かない場合は全く異なる業種を選んでみる。

 

一般的には40歳を過ぎていると転職よりも起業をした方が適切な人も少なくなくて、それに気が付かないとか、精神的に参っていてその余裕が無いとか、色々な事情で起業ではなくて転職を優先する人が多いのも事実ですので、無理はできません。

起業をして上手く行けば別でしょうけど、失敗してしまった場合、40代でしたらもうあとがありませんし、そんな勇気がない人の場合は、転職を選択することになるんですけど、これまで何回やっても面接すら通過しない状況から発想の転換を行います。

その方法としては、これまで自分が経験してきたことを、全く他の業種に転用することを考える方法であり、自分が希望としない業種だからこそ、自分を必要としている企業があるかもしれない可能性にかけて、異業種へのチャレンジを行う方法です。

例えば、ちょっと軽めのブログをやっていた人であっても、パソコンの出来る事務員として全然関係ない町工場のような工場に行けば大歓迎をされる場合もありますし、案外自分はできて当たり前と思っていることが出来ていない会社って多いんです。

そういった会社には若い世代の人材が中々集まらないため、40歳であっても適正年齢であることも少なくなく、待遇はあまり良くない場合もありますけど、自分が働ける場所を再度見つけた時は、その日に飲むビールが久々に大変美味しく感じることでしょう。

40歳無職からの社会復帰は簡単ではありませんけど、不可能でもないので、過去に上手く言った人の事例を調べながら、起業か転職のどちらかを選ぶことになります。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク





jobMiMi © 2017 Frontier Theme