派遣社員から正社員登用を期待するならWeb系に転職

派遣社員と正社員のどちらが良いかと聞かれた場合、大抵の人は正社員の方が良いと答える人の方が多いかもしれませんが、状況によっては正社員よりも派遣社員の方が良いことも多くて、単純にどちらが良いとは言えない事が良くあります。

正社員の場合、やり甲斐のある将来性のある会社に入社した場合は、断然正社員のメリットばかりが出てくるのですが、世の中そういった魅力ある会社のほうが珍しい時代になってきていますので、ブラック企業に入社してしまった正社員は大変なのです。

その点、派遣社員の場合でしたら、派遣会社がブラック企業でない限り、ある程度都合がつく派遣先で働くことが出来ますし、派遣先がブラック企業で将来性がなくても、最後までそこで働く必要性もないので、自分の仕事のみを淡々とこなせば良いだけです。

どちらも人によっては良かったり悪かったりしますので、派遣社員と正社員の問題については、恐らくどちらが良いのかについての答えがでることはないと思われます。

 

 

転職する際に派遣社員から正社員登用を期待するならWeb系を狙う。

 

転職をする際に最初は正社員の転職先を選ぶ人が多くて、次に契約社員や派遣社員とかになる感じでしょうけど、正直ってどれを選んでもその先の転職先に全て依存する事になりますから、それよりもどのような仕事をするのかの方が重要になります。

ウェブ系とかIT系の会社に多いんですけど、最初は派遣社員とか契約社員として転職を行い、そこで一定の実績を出すことができれば、結局は正社員として採用される条件を提示してくる会社も少なくありませんので、そこまで考えておいたほうが良いですね。

ただ、業界によっては、派遣から正社員への登用ありとの説明があっても、なんだかんだいって、全然正社員として採用してくれない業界もありますけど、それらは誰がやっても対して結果がわからない流れ作業が主体の仕事であるはずです。

スポンサードリンク


将来的に正社員として働きたいのであれば、誰がやっても変わりがいるようなオペレーター的な仕事、流れ作業的なルーチンワークの仕事ではなくて、その人に依存をしている仕事がデキる職場を選んでおくべきであり、その代表的なのがWeb系の仕事です。

車の期間従業員のような仕事の場合、確かに熟練してくると作業自体は早くなるのかもしれませんが、別にその人がいないと困るような状態になることは殆どない為、結局中々正社員に登用されるような話は出てこないのではないでしょうか?

 

 

最初は転職しやすい派遣社員を選んでよければ正社員登用を目標に。

 

Web系の会社の場合、中小零細的な会社が沢山ありますので、いきなり正社員での採用は難しい会社も少なくなくて、転職サイト等で正社員にチェックを入れて検索をしていると、そういった小さなWeb系の会社の求人を見逃してしまうことになります。

また、中小零細系の会社の場合、経験が1年ほどあれば採用されることも少なくなのですが、いかんせん、一度求人サイトで募集の掲載をすると100件以上の書類選考がありますから、かなり狭い門になっているのも事実です。

その為、全くの未経験者が応募をしても中々、書類選考そのものに合格しない場合が多いんですけど、この業界は年齢が40歳を過ぎていても実績のある経験者であれば、普通に採用されることも多く、よくある年齢制限を気にしなくても良いことが多いのです。

ただ、いきなり正社員としての採用は難しく、最初は外部委託とか、契約社員から初めて、状況次第で正社員に採用の流れになりますので、最初は派遣社員として契約をして、その会社で今後も働くのであれば正社員になる流れで良いかと思います。

フォトショップとイラストレーターが使えて、イラストが書けるとか、ウェブのデザインができる人なら、大抵は歓迎されますけど、それが出来ない人だとかなり厳しいので、この業界を狙うなら普段から勉強しておくのが良いかもしれません。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク