無職・ニート・フリーターから正社員になる方法|29歳以下

現在、日本国内の景気は悪化の一途を辿っており、正社員になりたくてもなれない若い人たちが沢山いて、多くの人が良くてフリーターや派遣として仕事をしていたり、人によっては実家にで無職やニート呼ばれている、特に仕事をしていない状態になっている人も増えてきています。

確か、働いたら負けといった有名なテレビ放送もありましたね・・・。

今後、昭和のバブル時代のような異常な景気になることはないのかもしれませんが、今よりも状況が良くなることも大変難しい時代になっているため、正社員として企業で働きたくても、それが中々出来ない人たちは、どうして良いのか分からない事も多いのです。

その為、正社員として働きたいという強い意志を持っているにも関わらず、現状、アルバイトで生計を立てていたり、完全に仕事ができてない無職やニートと呼ばれている状態、かろうじて派遣として働いている人たちを支援する事業があるのをご存知でしょうか?

 

 

やる気のある若者の正社員として採用されるように支援する事業。

 

若い世代の人の場合、国や自治体が行っている支援事業などについて、全く知らない人も少なくなく、それを何らかのきっかけで知った人のみが利用しているといった実態があります。ですから、この類の話は知っているか、知らないかだけの話になります。

具体的には東京しごと財団が行っている年齢29歳以下の若者を支援する事業であり、正社員になりたくてもなれない、非正規雇用の若者たちを対象にして、カウンセリング、セミナー、企業紹介、実習、奨励金精度等、可能な限りの支援を行い、正社員として社会で活躍していただくことを想定しています。

スポンサードリンク


ここまで、親切にサポートしてくれているのですから、対象としての条件を満たしているのであれば、利用しないほうが勿体無いくらいですから、是非とも利用していただきたいと思いますし、実習期間中は最大10万円の支援金が支給されるのも魅力的ですね。

 

 

正社員も保証がある訳ではないけど無職やフリーターより安定します。

 

フリーター無職、派遣などもいつまでもその状態が維持できるわけではありませんし、正社員と言っても最近では長期的な保証はなくなってきている時代背景がありますが、それでも正社員とフリーター・無職はやはり社会的な信用も変わってきます。

正社員として企業で働きたいやる気はあるけど、どうしていいのか全くわからない、その宛が全くない、現在働いていない・・・、そういった人向けに東京都が支援してくれるサービスが有るわけですから、積極的に利用していきましょう。

特に、長期間に渡って働いたことがない方は積極的に支援して頂けるようです。

 

 

年齢29歳以下であれば、東京都が積極的に支援してくれます。

 

働きたくても働けない人を正社員にする訳ですから、誰でもOKというわけではなく、事前に東京都が決めている応募要件というものがあり、それを見ると年齢が20代であることが絶対条件になっているため、残念ながら30代以上の人は対象外です。

また、卒業後に働いたことのない人、卒業後に正社員として働いたことがない人、最近2年以内に正社員として1年以上働いたことがない人の条件がありますので、本当に仕事をしていない若い人ほど、利用する価値があるようです。

実際問題として、一度も働いたことがない人がいきなり正社員になるのは簡単ではありませんし、直ぐに実現できるわけでもありませんが、何もしない状態でこのまま先に進むと、現状より悪くなることはあっても良くなることはありません。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク