書類選考で不利になる資格と有利になる資格の違い

転職の際の書類選考では履歴書と職務経歴書をセットで求人を募集している企業に送付することが多く、大抵は転職サイトが会員登録をする際にそれらも合わせて入力するようになっていますから、後は転職したい企業を選んで応募するだけになります。

最近では、転職エージェント形式の個人情報と実務経歴を入力するだけで、後は転職エージェントが勝手に転職先を選んで紹介してくれる転職サービスもありますので、そちらの方が向いている人は転職エージェントを積極的に利用するのも十分ありです。

その際に、資格を沢山持っている資格ホルダーの人であれば、これでもかと言わんばかりに大量の資格を所持していることをアピールする人も少なくなくて、それが逆にデメリットになっているとも知らずに、何度もお祈りが来ることになり不思議がります。

一般的に、転職の際にはその職業に転職をするのに必要な資格があるのも確かですけど、それとは反対にやたらめったら必要のない資格をアピールすることは逆効果になりかねませんので、資格は所有していても必要ないものはアピールしない方が無難です。

 

 

書類選考で見るべき部分は資格ではなくて実績の方です。

 

実際に書類選考をした経験があると分かるんですけど、資格を所持していることをアピールしている場合、その資格と職務経歴書の実績が関連しているかどうかを確認する事になりますので、全く実績と関連していない資格の場合は意味がありません。

転職をするために取得した資格の場合は、それが顕著に出ますし、資格マニアの方のように片っ端から資格を取得している人の場合でも、資格と実績が全く関連していないため、単なる資格自慢をアピールするだけになり、それがかえって逆効果になります。

スポンサードリンク


あまりの沢山の応募者が殺到しているとか、誰を採用してもあまり変わらないため、年齢が若い人から優先的に採用するような企業でしたら別でしょうけど、きちんと書類選考を行っている企業の場合は、真剣に書類を確認しますから資格マニアでは駄目です。

アピールされている資格と実績を関連付ける方法はとても簡単で、その資格が無いと出来ない仕事をやっているとか、その資格があるから仕事で実績を出しているとか、その部分を見れば良いだけですし、転職先の会社のその道のプロですからね。

 

 

実績と関連付けされていない資格は書類選考から外します。

 

資格を沢山持っているのは別に良いことなのかもしれませんが、転職したい企業が見て、その資格が必要ない場合は、全く意味が無いどころかアピールしていることが逆効果になることもありますので、書類選考の書類からは外しておくのがお勧めです。

よくあるのが、普通運転免許を資格として堂々とアピールしている人なんですけど、別に普通運転免許をあえて資格のところに書く必要もありませんし、車を運転しないといけないような仕事以外は、普通は必要になることすらありませんからね。

逆に、転職先の企業が積極的に必要としているような資格を所有していて、その資格を所有することにより業務の実績がある場合などは、積極的に資格と実績をアピールするべきであり、そのような書類であれば、採用担当者の目にも止まります。

ただし、自分で書いた書類を見れば分かりますけど、書類選考の際に役に立ちそうな資格というのは大抵は一つか二つくらいであり、何個も沢山並べられていることはありませんので、あくまで書類選考を通過させる資格のみをアピールしていきます。

書類選考で有利になる資格と不利になる資格の違いは、その企業から見て必要な資格であるか、職務経歴書に書かれているこれまでの実績と連動しているかの違いになりますので、それをよく確認した上で、資格を吟味して行きましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク