書類選考が全く通過しない場合は物量戦で挑む理由

転職の際に必ず必要になるのが書類選考になる訳ですが、この書類選考が全然通過しなくて何回やっても、色々な会社の求人に応募しても必ず落ちてしまう人がいて、書類選考に応募してお祈りが戻ってくるのが雛形のような人生になっている状態です。

大凡40歳を過ぎた辺りからこの状態になる人が多くて、20代の若い人であれば、余程マッチングしていない会社に求人票を応募しない限りは全然、転職先に困ることはありませんので、若さは他に代えがたい最大の武器になることがよく分かる話です。

書類選考については、落とされる理由は一定ではありませんけど、40歳以上の人が応募をしてくるような求人の場合、毎回相当な件数の応募がありますので、採用担当者も殆どまともに書類を確認しないこともありますから、コツが使えない場合があります。

 

 

年齢が40歳以上の人が書類選考で落とされる理由とは?

 

担当者が殆ど書類を確認しないなど、書類選考を通過するコツが使えない場合は、もはや運任せに頼るしか無い場合もありますから、その際に有効な書類選考を通過させる方法は、物量作戦のみになり40歳以上の方は結構こちらのパターンにハマっています。

通常の書類選考でしたら、書類を通過させるコツやポイントなどがありますので、そちらで上手く調整をすれば、担当者の目を引かせることも出来るんですけど、大量の応募者の書類を殆ど確認せずに年齢や性別だけで選んでいることもありますからね。

そのような内部情報については、外部からは全く分かりませんから、求人ごとにどのような対処方法をすればよいのかを判断するのは難しいんですけど、簡単におおよその判断をする方法としては、年齢が40歳以上の求人であることで判断できます。

 

 

年齢40歳以上で魅力のある求人が掲載されていればどうなるか?

 

なぜなら、年齢40歳以上でもOKであり、誰が見ても魅力を感じる求人票が求人サイトに掲載されているのを見れば分かりますけど、このご時世、40歳を過ぎていて転職先に困っている人はそれは沢山いる訳ですから、日本全国から応募があります。

その結果、あまりに応募者が多すぎて、書類選考担当者が一枚一枚丁寧に書類を見てくれなくなり、年齢や名前、以前勤めていた会社名など、それ以外の細かな職務経歴書については、殆ど見ることなく書類選考を行うことになるのは容易に想像できます。

スポンサードリンク


年齢が40歳を過ぎている人が転職に困っていて、大量の物量戦略で書類選考に応募している人が多いのはこのような理由があるからであり、需要に対してあまりに供給が多すぎる現状が改善しない限りは、今後、更に書類選考が事務的な作業になるでしょう。

 

 

書類選考が落ちる理由が採用側の都合なら物量作戦しかない。

 

書類選考で応募した際の書類の書き方が悪くて、書類選考でお祈りが届く場合ならまだ対処方法がないわけではないのですが、採用担当者の都合で落とされている場合でしたら、もう対処の方法がありませんので、対応策としては物量作戦のみになります。

20代の人が転職をする場合は、書類選考で合格するコツを上手く理解すれば、それだけで書類選考が通過しやすくなることが多いんですが、40歳を過ぎているような人の場合は、良い求人ほどあまりに競合相手の募集が多すぎるのは仕方がないのです。

年齢が35歳くらいまででしたら、転職サイトを見てもそれなりに求人を掲載している企業が多いのですし、Web系やIT系等でしたらかなりの求人が出されていますから、求職者もバラけるのですが、40歳以上になると本当に魅力ある求人はありません。

 

 

自分と同じことを考えている求職者が多いのか少ないのか?

 

結局は、応募者が殺到しすぎて、書類選考の採用担当者の限界を超えてしまい、大雑把な書類選考しか行われなくなるのであれば、あえて35歳年齢限定の求人に応募してみたほうが、まだ書類選考を通過得する可能性が高くなるかもしれません・・・。

書類選考が毎回落とされている人の対策方法としては、人気がありそうな求人票には想像以上の人達が殺到して応募をしている為、採用側が正しい判断が出来なくなっている可能性を考慮しつつ、物量作戦で片っ端から応募するのが効果的な場合もあります。

何度も書類選考に応募してみて、それでも良い結果が出ない人は、一度、これまで応募した企業を確認してみて、自分能力が求人要件よりも大幅に低くない場合で、年齢等の必須条件も問題ない場合は、同じことを考えている人が多いことを考えましょう。

その場合は、物量作戦で勝負を挑むのが一番費用対効果が高くなります。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク