退職時に最も注意するべきは国民健康保険の請求金額

日本で生活をしている場合、どのような立場の人であっても、必ずなんらかの健康保険に加入しないといけない決まりになっていますので、勤めていた会社を退職すると、会社から支給されていた健康保険証を返却しないといけなくなります。

案外これを知らない人が多いんですけど、会社が加入している健康保険組合が発行している健康保険証は、その会社に在籍しているから使用できる訳であり、会社をやめてしまった場合は、速やかに返却をしないと後で色々と問題になるので要注意です。

返却をせずに健康保険証はを使っていると、必ず会社から電話がかかってきて、急いで返却するように促されます。

 

 

退職後は国民健康保険に加入しないといけないの?

 

そうなると、日本国内にいる限り、必ず何かしらの健康保険に加入しないといけない訳ですから、次の会社に直ぐに転職をする人以外は、個人事業主が加入している国民健康保険に加入しないといけなくなると思っている人が沢山いるかと思います。

しかし、この国民健康保険というのは、一般的な収入を得ていた会社員であれば、とんでもない金額を請求されてしまう恐ろしいシステムになっているため、何も知らずに国民健康保険に切り替えてから、後で届いた請求書を見てひっくり返る人も少なくないのです。

しかも、一度でも国民健康保険に切り替えてしまうと、転職をするか起業を行い法人を立ち上げるまで、永遠に支払続けないといけないといった止めたくても止めれない仕組みになっているのですが、それを知ったときにはもう既に間に合わなくなっている状態ですからもう後の祭りです。

スポンサードリンク


 

 

国民健康保険の一体何がそれほど怖いのか?

 

多分、国民健康保険に切り替えたことのない方はご存じないでしょうけど、この国民健康保険というのは、会社員が退職した場合、年収500万円位の人でしたら、地方自治体によって金額は異なるのですが、国民健康保険の請求金額は毎月50000円前後になりますので、これがどれほど高額な請求であるかがよく分かるのではないでしょうか?

会社に在籍していた頃は、会社が半分負担をする形で社会保険料を支払っていたものなのですが、退職をした後はそのような会社負担が一切なくなり、所得がある人程高額な請求が届く国民健康保険にしてしまった場合は、もう逃げることができなくなります。

役所に支払えないと相談に行っても、真顔で支払ってくださいと言われるだけですから、年収300万円前後の人であっても、とても油断ができない位の金額を請求されてしまいますので、国民健康保険だけには注意しないといけないのです。

 

 

国民健康保険はなぜこれほど高額な請求なのか?

 

普通に年収300万円の人でもかなりの金額を請求され、年収が500万円のひとであれば5万円前後の請求を毎月されてしまう国民健康保険については、なぜこれほど金額が高いのかと言えば、理由は簡単で、病院に行く人が圧倒的に多い割に、その人達といえば、保険料をまともに支払っている人が少ないからです。

高齢者の方などは大抵は国民健康保険になりますし、地方に行くほど高額になります。

その為、個人事業主などで生活が出来るのかも怪しいくらいの少ない所得がある人であっても、平然と、毎月10000円以上の請求を当たり前にしてくるのがこの国民健康保険ですから、その分を負担しないといけなくなると、所得が丸見えの元会社員はまともに満額請求されてしまう訳です。

一度でも国民健康保険に切り替えてしまったら、転職をするか、法人を立ち上げるまで高額な金額を支払い続けないといけなくなりますので、退職時には必ずやっておかないといけない保険の切り替えについて、次回以降でご説明する予定です。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク





Updated: 2017年4月22日 — 10:13 AM