フリーランスから転職するなら経営コンサル会社な理由

IT系の業界に転職をすると、異業種からの転職の場合は間違いなく収入がアップすることになりますので、転職して不満になることは初期の段階では殆ど無いのですけど、暫く業界で働いていると高額な報酬を得ている人がいることを知ることになります。

その高額な報酬を得ている人がフリーランスと呼ばれている人達であり、私も最初はIT系の業界に転職をした時はよく知らなかったんですけど、フリーランスと呼ばれている人達がいて、社員ではないのですが高額な報酬を得て働いている事を知りました。

普通にIT系の会社で働いても20代で月収50万円とか月収100万円とかの報酬を得ることは大変難しいのですが、フリーランスの人たちは普通にその限界突破をした状態で働いていて、同僚たちとフリーランスは報酬が良くていいなーと話していたものです。

ただ、実際にはフリーランスは報酬はたしかに良いのですが、あくまで個人事業主なので面倒な税金の処理なども全て自分でしないといけませんし、仕事を受ける際にも自分で営業や契約などをしないといけませんから正社員からの転職の敷居は結構高いです。

 

 

フリーランスの報酬は仕事が出来る人ほど安くなる?

 

フリーランスの特徴としては、その報酬の高さになりますので、売上である報酬額が給与所得の正社員と同じ程度であれば、誰もフリーランスとして働かないでしょうし、会社に縛られない生き方をしたい人ならフリーランスとして働くのが適切になります。

フリーランスとして独立したばかりの頃であれば、毎月の報酬は50万円位になり、それで依頼者の会社に出向して決められた仕事をすることになる訳ですが、後は自分の実績次第で雪だるま式に報酬額も高くなっていきますので100万円を超える日も来ます。

フリーランスとして働いている場合、毎月100万円の報酬を超えるくらいまででしたら、それまでの実績と人脈をフルに使って働いれば到達は可能なのですが、そこから更に上の毎月150万円、毎月200万円クラスの報酬になると極端に難しくなります。

その理由はとても簡単で、フリーランスとして普通に働く場合、報酬額を高くするには中抜きをしている案件斡旋をしている会社から案件を受けるのではなくて、自分で直接最終的なエンドユーザーと契約をして単価を上げていくことになるのですが・・・。

 

 

フリーランスで毎月150万円以上の売上を出すのは大変難しい。

 

業界の限界単価と言うものがあり、IT系のフリーランスでは最高金額でも毎月150万円から200万円位が限界ですから、これ以上の金額をフリーランスとして働いて稼ぐには案件の同時処理をしないといけないのですが、フリーランスはこれが難しいのです。

スポンサードリンク


なにしろ、IT系のフリーランスの場合、単価が100万円を超えていると言っても、常にシングルタスクで仕事をしていくことになりますから、案件を複数同時に受けて処理をしていくことが大変難しい為、高そうに見える報酬は実はそれが限界報酬なのです。

その為、正社員の頃には月収25万円で働いていた人が退職をしてフリーランスになり、月収50万円(売上)になり、その後に月収100万円(売上)になったとしても、そこから先はフリーランスの仕事をしていても劇的にアップすることは無いのです。

毎月の報酬が100万円を超えてくると、それから先は仕事が出来るできないではなくて、人脈を使っていかにして単価の高い案件を受けるかの話になりますので、フリーランスとしてやるべき仕事が実務から契約絡み、営業絡みにシフトしていきます。

 

 

フリーランスから年収をアップさせるためには経営コンサルに転職。

 

フリーランスで働いている人で毎月の報酬が100万円を超えている人の場合、それ以上に収入を得ようとした場合、同じ業界で働いていても限界がありますので、30歳で毎月100万円に到達した人が、40歳になって毎月200万円にアップは殆どありません。

その為、フリーランスで業界の収入の限界地点に達してしまっている人は、その実績を使って他の単価の高い報酬が約束されている業界に転職をするのが正しい判断であり、いつまでも同じ業界でフリーランスとして働いていても生活は厳しくなるだけです。

30歳で年収1200万円の人が40歳になって同じくらいの収入であれば、大抵の人は生活が苦しくなるだけなので、積極的に稼いでいる人なら常に収入を上げ続けないといけないため、その際には次のハードルである経営コンサル系の会社に転職になるでしょう。

 

 

フリーランスとして毎月100万円以上の売上のある人は歓迎されます。

 

IT系の業界でフリーランスとして多大なる実績を積んでいる人であれば、どの業界にっても歓迎されますし、特に多大なる報酬を約束しているような企業であれば、プラスアルファの能力があれば、いきなり年収が2倍になるくらいの提案もしてきます。

ただ、いくらIT系の業界で実績がある人でも、経営コンサル系の業界は全く未知の世界でしょうから、その場合は自分で全てをやるのではなくて、高収入で特殊な技術と経験を持つ人を歓迎する転職エージェントを利用して転職をすれば大変スムーズです。

転職エージェントも単価の高い転職先に紹介できるくらいの人材であれば、大歓迎をして対応をしてくれますので、今の自分の待遇に限界を感じてきて、更には今後の収入アップを目指すのであれば、転職エージェントに登録して相談をしていきましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク