35歳以上でIT系の転職求人を探すなら特化型転職サイト

IT系の企業へ転職を検討する場合、業界経験者のみで年齢35歳以下を募集している求人が圧倒的に多いですから、転職をしたくても未経験者や、年齢が経験者でも35歳を過ぎている人は転職が難しい事が多いのですが、業界経験者なら実は転職は容易です。

多分、年齢が35歳を過ぎていてIT系の企業へ転職が出来ないと言っている人の殆どが、一般的な転職サイトで確認をしており、IT系の人材に特化した転職エージェントなどを利用していなからそう感じるだけであり、実際にはIT系なら年齢は関係ありません。

IT系の企業が多くの求人を非公開にしている理由は、意にそぐわない人材が募集をしてくるとそれに対応するコストが高くなるため、最初から転職エージェントに丸投げをしておき、転職エージェントから適正のある人材の紹介を受けた方が好都合だからです。

年齢が35歳を過ぎていて、転職サイトを確認しながらIT系企業の転職先がないと困っている人がいれば、それは見ている転職サイトが間違っているからであり、偶然35才以上の人材を募集している求人があればよいのですけど、ない場合は方法を変えます。

 

 

IT系へ転職をしたい場合で35歳以上の求人がない場合はどうする?

 

IT系の業界はかなり特殊であり、年齢が35歳を過ぎていても、普通に転職先は沢山ありますし、正社員以外にもフリーランスや派遣社員として働いた方が見かけ上の収入が高くなることもあり、その場合でも40代、50代の人が沢山活躍している業界です。

年齢が40代、50代でも転職が容易でフリーランスの仕事が沢山有るということは、その年齢層の人の割合が少なくなるということであり、慢性的な人材不足に悩まされているIT系の業界だと40代で実績のある人なら管理側として重宝されています。

スポンサードリンク


内部にいれば、IT系の業界は年齢35歳を過ぎている人でも沢山転職先やフリーランスの案件があることはよく知っているんですが、外部の人から見れば、それが分かりにくくなっている事が多くて、その理由は見ている転職情報がぜんぜん異なるからです。

IT系の企業の場合、年齢が若い20代の人でしたら転職サイトを見れば、沢山転職先の情報が掲載されているんですけど、35歳以上の人になると転職サイトではなくて、IT系の企業に特化している登録型の転職エージェントを利用して転職先を探すのが基本です。

 

 

年齢が35歳を過ぎている人がIT系企業に転職する場合は特化型を利用。

 

特化型の転職サイトというのは、特定の分野の専門職に該当する人だけの転職情報を扱っているとか、年収が800万円以上の人の転職情報だけを専門に扱っている転職サイトのことであり、IT系のエンジニア職での転職は、この専門性が高い人材に該当します。

IT系の転職以外にも看護師や薬剤師等の転職も、その職業だけに特化している専門の転職サイトが沢山ありますし、IT系の転職情報もそれだけに特化した転職サイトが沢山ありますので多くの転職情報がクローズドで一般公開されない状態で募集されています。

特化型サイトの場合、転職を希望する人が最初に必要な項目の登録を行うと、自分で転職先を探すのではなくて、基本的には転職サイト側のエージェントが適切な転職歳の情報を探してくれて、それを連絡してくることになりますので、手間暇も省けます。

IT系企業への年齢が35歳を過ぎている人の転職というのは、殆どがクローズドの特化型の転職サイトで扱われていることが多くて、報酬も高くなっている事が多いですから、マッチング率が低くて企業に余計なコストの掛かる転職サイトには掲載されません。

転職エージェントが適切な転職先を探してくれるだけではなくて、色々と転職に関わる相談にも乗ってくれますから、IT系転職先を探している35歳以上の人で、転職先がなくて困っているのであれば、迷わずに転職エージェントを利用していきましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク