IT系の業界に転職なら英語力があれば将来年収1000万円以上に?

年齢が35歳を過ぎていても、安定した転職を行うことが出来るのがIT系の業界であり、他の業界よりも年齢的な問題が転職に影響されないばかりか、30代、40代の人が積極的に採用されるポジションなどもあり、IT系の業界で実務経験があると将来便利です。

IT系の業界の経験に合わせて、ネイティブかそれ同等の英語力があれば、30歳を過ぎてから大幅に年収アップできる転職を実現することが可能になりますので、将来のことを考えれば出来ればIT系の業界で働くのであれば英語力を身につけておきましょう。

実際に30歳を過ぎてそれなりの実績があれば、IT系の業界経験と合わせて英語力がセットになっている年収1000万円以上の求人が結構来ることになりますが、それに合わせて他にも人材を求めている企業が要求する項目が数店ほど追加される状態です。

 

 

IT系の業界に転職なら英語力があれば将来年収1000万円以上に?

 

IT系の業界に転職をするなら是非知っておいたほうが良いのが、この業界で一定以上の経験があり、合わせて英語力があれば30歳以降の転職が大幅に有利になることが多くて、その後の40歳を過ぎても転職に困ることがなくなりますので、将来は安定します。

何しろIT系で身につけた上流工程の経験というのは、実際に要件定義以上の仕事をやっている人ならわかりますが、ITと言うよりも経営コンサルタントに近い仕事の内容になっていることが多くて、取引先との折衝や接待などの政治的な役割が増えるからです。

更に、現在ではどのような企業であってもITの専門技術や問題解決の知識経験はとても重要なスキルの一つになっていて、それが一定以上のレベルであるのであれば、どの業界でも通用する訳ですから、年収が高い企業ほどそのような人材を欲しがる訳です。

スポンサードリンク


 

 

IT技術と英語力の組み合わせがあれば将来は転職に困らない?

 

これからITの技術が必要にならない状態になることは考えにくいですし、世界共通でIT化とグローバル化が進んでいるわけですから、このITと英語力の組み合わせと更に企業が欲しがっている経験を持っていれば、年収1000万円以上の転職が可能になります。

私宛にきていた当時の求人は年齢30歳から40代でも構わないので、特定の企業が指定する実績と経験がある人材として送られてきた求人情報には全て、IT経験者と英語力のセットが最低条件として記載されていて、更に追加で特定の分野の経験もありました。

正直言って35歳を過ぎたら転職先がないって話が最近はよく聞かれますが、全然そんなことはなくて、転職先自体は幾らでもあり更には35歳から年収1000万円から2000万円位で人材を探している企業も沢山ありますので、それに該当するかどうかです。

 

 

30代40代で年収1000万円以上の転職のチャンスはIT経験と英語。

 

30歳以上の転職になると、それまでの経験を活かせる状態で転職をしないと全くのゼロからの再出発になることが多くて、それで30歳以上の人の採用を避ける企業もありますけど、だったらどの業界に転職をしてもプラスになる経験をつめば良いだけです。

その経験というのがIT系の上流工程の仕事であり、実装から設計、プロジェクトの管理から折衝等の経験を積んでいる状態で英語での通常の会話もこなせる状態であれば、これらの経験と技術はどの業界に転職をしても必ずプラスアルファで役に立ちます。

ただし、ITの分野における上流工程の経験と、ビジネスレベルで通用する英語力というのは数ヶ月で身につくものではありませんので、事前に将来設計をして早い段階からそれをやっておかないと、いざ30歳になってから始めても簡単には実現ができません。

例えば30歳までにITの経験と英語力が身についていれば、後はそれらの実績と経験を使って30歳以降に自分がやりたい分野の仕事を見つければ良いだけですし、黙っていてもそれなりの実績があれば、勝手にオファーが来るようになり面白い求人が見れます。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク