フリーランスとして独立したけど仕事の依頼が来ない人の対策

会社員として働いてて、それなりの実績を付けた人はそのまま会社員として働くよりもフリーランスとして独立をして働く方が向いている人であれば、フリーランスとして仕事を直接受けたほうが収入が圧倒的に増えることが多いので、独立する人も多いです。

ただし、フリーランスとして独立をしたのは良いのですが、その後に仕事が全く来ない状態になり、あれ?こんなはずではなかったって考えてしまう人も多く、その場合はどうしたらフリーランスとしての仕事を受けることができるかを考える事になります。

自信を持ってフリーランスとして独立したけど仕事が来ない場合、原因は色々とあるんですが、大抵の場合が正社員と同じ感覚で黙っていても仕事がやってくると勘違いしていたり、営業力を軽視してしまい技術だけあれば良いと勘違いしているからです。

 

 

フリーランスとして独立したけど仕事の依頼が来ない人の対策。

 

会社員として働いている際にフリーランスのことを知り、そのあまりの報酬の多さに会社を退職してフリーランスになったものの独立後に全く仕事が来ない状態で、このままでは生活が出来ないと困ってしまった場合は恐らく人脈もゼロの人が殆どの筈です。

フリーランスに独立してから仕事の受注に密接に関係する人脈を構築するのは大変難しく、フリーランスとして働いている時点で以前の会社の実績は意味がなくなるなるので、元なんとか会社って方が気を使っている人もまれに見られますが止めましょう。

会社を退職する前にフリーランスとして独立した後の仕事の受注先や受注方法は事前に考えておくべきであり、それに気が付かずに報酬の高さのみに目が届いてしまいフリーランスとしてどくりをした場合の対処方法は新たに会社に転職をするのが一番です。

スポンサードリンク


 

 

自分で仕事を受注できないフリーランス向けの案件サイトもあります。

 

本来はフリーランスとして働くのであれば、全て自己責任で仕事を受けないといけない訳なのですが、自分で仕事を受注できないフリーランスは正直言ってフリーランスとしては言えない状態ですけど、それでも仕事を受注しないと生活ができなくなります。

そのようなフリーランス向けに案件を紹介する斡旋サイトが多数登場してきており、単価も月20万円から月100万円前後まで色々な案件が公開されていますが、これらは結局は結構な金額の手数料を引かれていますので、準派遣社員のようなイメージですね。

それでも、仕事の依頼を受けれないと生活が出来ませんし、フリーランスは黙って自宅にこもっていても勝手に仕事の依頼が来るような人は、相当できるフリーランスですから、仕事の受注ができない場合は案件斡旋サイトに登録をして交渉を行いましょう。

 

 

フリーランスとして仕事ができないと判断できたら転職エージェント。

 

会社を退職してフリーランスになったものの、退職前にやるべき人脈の構築をしてこなかった人の場合、実力がフリーランスの相場に該当するものを持っていれば、フリーランス向けの転職斡旋サイト経由で実力と条件に見合った案件を受けることが可能です。

その後は、正社員時代にやってこなかった人脈をフリーランス向けの案件斡旋サイトで仕事を受注しながら営業力と実績を構築していけば良いだけなんですけど、これが受注できない人の場合は残念ながらフリーランスとして活動していくのは難しいです。

その場合の対策方法としては、非公開求人でより報酬が高い求人を専門に扱っている転職エージェントを利用して再度転職をするのが望ましく、もう一度最初から出直すつもりで本気になって転職をして、状況次第で次の独立の機会を検討することになります。

フリーランスになって全く仕事が受注できない場合、そのままでは殆ど無職と変わりませんし、転職をする際にはフリーランスとしての実績を必ず聞かれますから、ブランク期間が長くなる前に、なるべく早めに転職エージェントを利用して転職しましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク