40代で起業独立に失敗したら転職エージェントがお勧め

日本の転職事情は35歳をすぎると男女にかかわらず転職サイトに掲載されている求人に応募ができないって理不尽な状況になることが多くて、それだったらこれまでの実績と経験を活かして起業をしたほうが良いの価値観で事業を起こす人も増えています。

しかし、現実的な話としては日本で起業をしても1年以内に殆どの事業が潰れるとのデータの通り、殆どの人が起業独立に失敗してしまって、転職をする前の方がまだ良かった・・と後悔をすることになる人の方が多くて、また再起をかけることは難しいです。

その場合は、起業に失敗している時点で金銭的な余裕もなくて、精神的な余裕もない人が大半になりますので、Amazonのように起業から9年間は赤字でも耐えるような状況にならない人が多くて、半年一年と赤字が続くと貯金も尽きて事業は終了します。

 

 

40代で起業独立に失敗したら転職エージェントがお勧め。

 

それでは、40代で起業独立したものの、事業が起動に乗らず売上が芳しくなく、将来もそれが回復する見込みもなく投資してくれるエンジェル投資家もいない場合、その時点で事実上の倒産になるのですけど、正社員のように失業保険は一切受給出来ません。

起業した場合は個人や法人に関係なく事業に失敗した場合でも、失業保険を受給することが出来ませんので、直ぐに転職をして働くか貯蓄があればそれを使って生活をしていくのですが起業が失敗している時点で貯蓄がない人が殆どなので大変厳しい状況です。

この場合に転職をする方法ですが、転職サイトを閲覧しても40歳以上の求人自体が殆どありませんから、転職サイトを利用して希望の転職を実現するのは難しく、ハローワークを利用するしかなくなるんですけど、状況次第で転職エージェントがお勧めです。

スポンサードリンク


 

 

40代で起業に失敗した経験が転職で有利になる条件?

 

日本では起業に失敗した人が再起をするのは大変難しい環境になっていて、敗者の烙印を押されてしまって再起不能になることも少なくなくて、20代なら転職も容易ですが、その後は正社員として働くことは難しくて非正規の仕事をしている人も多いです。

40代で起業に失敗をした人がその後に転職をする場合、ハローワークに行っても魅力のある求人が殆どなくて、転職サイトを見ても年齢的な問題で書類選考に応募できない等の状況になってしまうことが多くて、それ故にその後は非正規で働く事になります。

ただ、年齢が40代で起業に失敗している人の場合、その経験がそれまでの経験と合わせて実績として評価される状況になることもありますし、特にベンチャー企業等では積極的に採用されることもありますから転職がエージェントを利用するのがお勧めです。

 

 

40代で条件が良い転職をするには転職がエージェントを利用。

 

年齢40代で条件が良い会社に正規雇用の正社員として転職をする場合、転職エージェントを利用するのが最も現実的であり、強い人脈があり個人的にヘッドハンティング等を利用できるなら別でしょうけど、普通の人なら転職エージェントの方が現実的です。

転職エージェントを利用する場合は、なるべく早くブランク期間が発生する前に転職活動を開始したほうが良くて、専属担当者が色々と相談に乗ってくれて起業前の実績と失敗をしていても起業をしたことに得た経験などを分けて丁寧に相談に乗ってくれます。

注意点としては転職エージェントは誰でも利用できるものではありませんので、ある程度の年収や専門技術などが必要になりますけど、全く何もない人が40代で起業をすることは考えにくいので、転職エージェントの利用条件をみてどうするかを判断します。

ベンチャー企業の経営者などは何度も事業を失敗して復活をしている人もいますから、そういった新しい価値観を持っている企業の場合、過去の実績と合わせて事業は失敗したかもしれませんが、その失敗を活かして転職できれば完全な失敗とは言えません。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク