給料が安い理由によっては転職をしないほうが良い訳

日本国内の企業で働いている人と話をしてみると、結構よく聞かれるのが、給料が安いので転職をしたいって話になるんですけど、結論から言えば、現在の会社に何らかの不満があれば転職をすれば良いだけなので、給料が安いと感じたら転職をするべきです。

どのような会社に転職をしても不満が完全になくなることはありませんし、働いている環境によっては不満ではなく野心が生まれてくることも多々あるのですが、給料が安いと感じている時点で、その会社で働いていることについて相当な不満がある訳です。

しかしながら、給料が安い理由によっては転職をしないほうが良いケースも少なくなく、場合によってはすぐに転職をしたほうが良いケースもありますので、給料が安いという理由だけで、転職をするか否かについては、よく考えてからの行動がお勧めです。

 

 

給料が安い理由によっては転職をしないほうが良い訳。

 

最初に、給料が安いと不満があっても転職をしてはいけない人のケースで言えば、単にの本人の能力が低く、その給料でも十分過ぎる場合であり、この状況では現在の会社よりも良い条件で転職ができないのは当然として、再就職自体が相当厳しくなります。

案外、会社員の人では知らない人も多いのですが、会社には社員に見えない金銭天気な負担も多く、社会保険料や雇用保険、年金などは会社が折半で負担しないと行けない仕組みになっていて、これは見かけ上の収入を多く見せるための、政府の常套手段です。

ですから、会社側としては十分過ぎる待遇で雇っているのに、何故給料が安いと不満なのか?、だったら辞めてもらって構わないって感じで対応してくる会社も少なくなく、実は給料分の仕事をしていない、能力が低い人であるなら、転職は期待できません。

スポンサードリンク


 

 

給料が安いと不満があり転職をしたほうが良いケース。

 

給料が安いと不満があり、転職をしたほうが良い人というのもいて、こちらも明確に判断ができるようになってますので、条件に該当すると思った場合は、速やかに転職活動をした方がよいのですが、よくあるのが本業以外を全く知らない人で仕事ができる人。

例えば、本業のデザインとかシステム開発等の仕事に関しては本当に出来る人なんですけど、税金とか給与とかのお金の流れが全くわかっていない事から、経営者側にいいよに安い給料で使われている人で、早い話が退職すると会社がとても困る社員の事です。

日本人の場合は、このケースに該当する人も多く、本業以外は全く知らないので、自分の適切な給与相場なども全く分からなく、会社の中だけで延々と仕事をしているので、転職をした給料がアップすることも考えませんから、延々と摂取されている人ですね。

 

 

給与が適切なのかを判断するには転職活動。

 

給料に不満があるのであれば、転職活動をするのが最良の選択であることには間違いないのですが、能力が低く、それでも何らかの理由で会社が雇っているにも関わらず、勘違いをしてしまい、給料が安いと不満がある人であるなら、転職はお勧めできません。

しかし、現在は激動の時代を迎えていて、大企業の正社員であっても、大規模なリストラが今後予定されており、ITやAI化による仕事の効率、時代の流れなどで、会社に意地でもしがみついていればなんとかなる時代ではありませんので、よく考えるべきです。

能力が高くて不当に安く利用されている人出れば、転職活動をすれば引く手あまたの状態の人も多いですので、能力に自信があるなら転職エージェントを利用して、専属の担当者をつけて、転職活動をすれば、大抵は収入が大幅に増えることがよくあります。

収入が増えると、日本は異常なほどの累進課税システムを採用しており、手取りは全く変わらいのでは?と感じることもありますので、食事や住宅を用意してくれるなどの福利厚生も視野に入れて、高収入の転職に強い、転職エージェントを利用しましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク