jobMiMi

転職・起業ポケットマニュアル

面接で落ちた企業に是非入社したい|経営コンサルの判断

転職を検討している場合、求人サイトなどを見ていると、どうしてもこの企業に入社してから働いてみたいと思う企業を見かけることもあるかと思いますし、その場合は相当な気合を入れて、その企業の求人に応募することになります。

そして、他の求人募集をしている企業よりも特に気合を入れてその企業に対して求人に応募することにより、書類選考にも合格してから、後は最終面接を残すのみになり、そちらも気合を入れて普段着ないスーツを着用して会社訪問を行います。

しかし、その結果は散々な状態であり、結局面接で落ちてしまって、応募した求人に対しても思うような結果にならず、今後をどうしようかと凹みながら検討していくことになるのですが、どうしてもこの企業に入社したい気持ちは変わらない・・・。

このような場合、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

面接で落ちてしまった企業にどうしても入社したい。

 

残念ながら、面接で落ちてしまった企業に関しては、その結果を受け止めておく必要があるとは言え、どうしてもこの企業に入社したい場合、どうすればよいのかと言えば、再度、面接を申し込めばよいだけの話です。

そんなことをすれば、また直ぐにお祈りされてしまうのではないかと思うかもしれませんが、それに関しては企業側の担当者や経営者の考え方により異なりますので、絶対に落ちた企業に再度応募できない訳ではありません。

ですから、再度応募して対応してくれる企業なのかどうかを判断してから、それが可能であれば、一度落ちてしまった企業であっても、改めて求人に応募すればよいので、それを見分ける方法についてご説明したいと思います。

 

 

面接で落ちてしまった企業で再応募が可能な可能性の判断。

スポンサードリンク


 

一般的には、最終面接で堕ちてしまった人材については、その後は二度と対応しないし採用も検討しないように思えるかもしれませんが、絶対的にそのような話ではなくて、確かに企業によってはそのような企業もあるかもしれません。

ただ、面接担当者や経営者が優秀な場合、単純にそのような対応をしない場合もあり、ないかしらの理由があって面接で不採用にして、相手に時間を当たるようなケースもありますので、その場合でしたら、再度面接に挑むチャンスがないわけでもありません。

このケースの場合、面接中に何度も面接官が気になる質問を繰り返すようなことが多く、大変興味を持っているからそのような質問をしているわけなんですけど、それ以外に採用できない基準に達している部分があるため、結果的に不採用になるわけです。

 

 

面接官が笑顔の場合は大抵お祈りで、厳しい場合は可能性あり?

 

このような場合は、大抵、不採用になることをその場で面接官が告げることが多くて、通常のお断りをする企業であれば、笑顔でおつかれさまでしたと面接を終了することが多いこの面接において、厳しい顔で不採用ですと告げるのが特徴です。

そのような場合は、相手の企業もかなり気になる人材である為、採用をしたい、興味を持っている状態にも関わらず、その他の要素に問題がある以上は、それを改善しないと採用できない状態に陥っているのですが、その詳細までは教えてくれません。

面接で落ちてしまった場合でも、相手が何度も質問をしてくるような状態で、最後に厳しい顔で不採用です。とその場で反応した場合は、リベンジをする覚悟で再応募しても可能性が残されています。

このような対応をしてくるのは、転職者に対して高単価の報酬を支払うような経営コンサル会社に結構見られますので、面接で不採用とその場で言われてしまっても、それは何かの意味があるものだと思い、諦めずに問題点を模索しつつ、再度チャレンジをして最良の結果を出していきましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円から750万円以上の転職先も多く取り扱っている非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】



スポンサードリンク





jobMiMi © 2017 Frontier Theme