転職エージェントに相談をして書類選考を通過させる方法

以前でしたら、転職をする場合は転職サイトを利用するとか、フリーペーパーなどの求人情報誌を確認するくらいしかなかったんですけど、最近では転職エージェントと言った大変便利な転職サイトや転職サービスがありますので利用すると便利です。

転職サイトと転職エージェントの違いは、転職サイトは会員登録後に自分で転職先を探すことになるんですけど、転職エージェントの場合は転職サイトよりも細かく登録をした後、おまかせで適切な転職先をエージェントが探してくれる点が違う点になります。

これまでは、転職エージェントといえば、看護師や医師等の単価の高い職業や業種を問わず年収1000万円クラスの経営幹部候補やコンサル系の専門転職サイトが多かったんですけど、最近ではより一般的な職種でも転職エージェントを利用できます。

ただ、基本的に転職サイトよりも、転職エージェントの方が待遇が良い企業の求人が出ていることが多いので、非公開求人とかハイクラス系求人とかの年収1000万円クラスの求人に関心がある人の場合は転職サイトを利用することになります。

 

 

転職エージェントは書類選考や面接のアドバイスをしてくれます。

 

転職エージェントサイトの特徴としては、何と言っても転職に関する書類選考や面接のアドバイスをしてくれることであり、対人で対応してくれるメリットがありますので、分からないことなどあればその都度相談に乗ってくれる為、人によっては便利です。

転職エージェント系の求人というのはハイクラス系の非公開求人が多くて、転職サイトには掲載されていていない求人に応募できる特徴から、転職サイトで目当ての転職先が見つからない人などであれば、真っ先に利用しておいたほうが良いサービスです。

後は、自分で転職先を探すタイプの転職方法ではないので、一度登録をすると、後は転職エージェントが勝手にマッチしていそうな転職先を探してきてくれるため、忙しい人等は大変重宝しますし、転職先を探す手間暇も大幅に省けます。

スポンサードリンク


ただし、自分で転職先を探したい人であれば、やはり転職サイトを利用しておいたほうが良いことも多いので転職サイトと転職エージェントの両方をうまく使い分けるとか、両者の良いところのみを利用するようにしておくと最大限のメリットを得られます。

 

 

転職エージェントに相談して書類選考を通過させる。

 

実績も経験も十分なのに、何故か転職サイトを利用しても毎回書類選考で落とされてしまう人の場合、もしかしたら書類の書き方に問題がある可能性がありますので、その場合は、転職エージェントに登録をして相談をしたほうが良い場合があります。

案外、転職をする際の職務経歴書等については、書き方を相談する相手がいない場合も少なくないですから、毎回自分ですべてを書いていても、何故か上手く行かない場合は、書き方や表現の仕方に問題がある場合がありますので、まずは相談です。

それで、本当実績があり経験があるのであれば、後は書類の問題だけになりますから、転職エージェントにそちらを丸投げしながら改善していき、希望する転職先を紹介していただけるようにしていけば、書類選考の通過率も段階的に高くなるでしょう。

転職エージェントの求人は特に専門性の高い求人が多くなる傾向にあるため、それまで技術一筋で経験を積んできた人であれば、書類選考の際の書類を書くのは大変難しい場合もあるかもしれませんので、その場合は転職エージェントに相談をしていきます。

書類選考を通過させるコツと文章の書き方が分かれば、後はそれほど難しいものではありませんので、何度か使ってみたけど転職サイトはちょっと自分には合わないかな?と感じるような人は、似ているようで全然違う転職エージェントを利用してみて下さい。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク