転職サイトの求人からブラック企業を簡単に見分ける方法

会社で正社員として働いていると、転職サイトの求人票や会社の公式サイトに記載されている情報だけでは事実が分からない事も多くて、殆どのケースで会社から見て良いことしか書かれていない為、実際に入社してみないと分からないことが良くあります。

ブラック企業に騙されて転職をしてしまう人の殆どが、このパターンであり、会社側が掲載している情報のみを一方的に信用してしまい、給料が月給50万円だと思って入社してみたら、実は歩合で基本給は15万円だったとか・・・、まあこんなものです。

例えば、月給で50万円を得るためには、歩合で相当な無理な営業をしないといけないとか、あり得ないような仕事をしないといけないとか、実際には実現ができない事ばかりであり、入社から退社まで基本給15万円で働かないといけないパターンですね。

その為、転職をする際には、企業側が掲載している情報だけを鵜呑みのにするのは大変危険であり、自分である程度の情報を入手してから調べるくらいのやる気を見せないと、思わずうっかりとブラック企業に入社してしまって、転職に失敗してしまいます。

 

 

目次

転職をする際には企業が公開していない情報を見ることが大切。

 

転職をする際に、転職サイトを見ると興味深い求人が沢山掲載されている為、どの企業に転職をしようかと思ってついつい長時間見入ってしまうこともありますけど、実際に重要になるのは転職サイトに公開されていない方の企業の本当の情報になります。

考えたらわかりますけど、当社はブラック企業故に、入社しても大半の社員が1年以内に止めてしまいますとか、残業代がつかないけど毎日社員は頑張って終電まで残業をしているとか、そんな事を平然と求人サイトに掲載している企業はまず存在しません。

中身が無いとか実態がない企業が求人票に良いことばかりを掲載しようとすると、どうしても無理が発生してしまい結局転職サイトの求人情報に掲載できるのは、アットホームな職場であるとか、未経験でも月収40万円とか、お決まりの状態になります。

慣れている人ならすぐに見分けがつくんですけど、慣れていない人の場合は具体的に何をやっているのか、どのような仕事をしているのかを掲載していない状態で、待遇面ばかり良いことを勝ている企業は警戒するものなのですが、結構難しい人も多いのです。

 

 

会社の仕事関係のない写真や情報ばかり乗せている企業は要注意。

 

転職サイトに掲載している会社の求人情報を見て、例えばWebデザイナーの求人がされているのに、全然関係ない社員が集まっているバーベキューの写真であるとか、社員が全員集まって円陣を組んでいるとか、デザイナーの雰囲気が全くないなどです。

スポンサードリンク


Webデザイナーの求人をしているのであれば、実際のオフィスで社員がデザインをしている現場の写真を掲載するとか、どのようなWebデザインを主体としているのかを詳しく書かないと、仕事が出来る人材ほど、何をやっているのか判断が出来ません。

ただ、慣れていない人の場合は、転職サイトに記載されている企業の求人情報をみても、それが本当に正しいのかどうかの判断がつきにくいのですので、その場合に簡単に正しくない情報を堂々と掲載している企業を見分ける方法があれば便利ですよね。

転職サイトで転職先を探す場合に、簡単にブラック企業の求人を見分ける方法としては、企業が書類選考で行っている方法と全く同じ手法でこちら側で企業に対して書類選考を行うと、案外簡単に誰でもブラック企業を見分けることが可能です。

 

 

転職サイトの企業情報を確認する時は紙にプリントして同時に見る。

 

求職者を採用する側になったことがある人ならご存じだと思いますが、このご時世沢山の応募がありますので、その中で怪しげな人や嘘の情報を書いている人、明らかに応募要件を満たしていない人などを速やかに見つけてから排除していかないといけません。

その場合に、転職サイトの管理画面だけを見て確認していると、なかなか判断がつきにくかったり、他の気になりそうな応募者と比較ができにくかったりするため、一回まとめてプリントアウトをしてから、机の上に並べて同時に比較をしていきます。

全ての採用担当者がこの方法で書類選考をしているわけではないでのでしょうけど、この方法で同時に紙にプリントして比較をしていくと、大変効率よく、且つわかりやすく、応募してきた人の情報を確認することが出来ますので間違いがありません。

これと同じ方法で、転職サイトの気になる求人を掲載している企業の求人情報をプリントアウトしていき、同時に比較をすると、あからさまに無理がある求人を掲載している企業の求人情報はかなり目立ちますからブラック企業の判別がし易いのです。

Webデザイナーの求人の場合、他の企業は月給30万円で具体的な仕事内容を書いていたりオフィスの写真を掲載しているのに、1社だけ月給50万円でバーベキューやの写真や社内の飲み会の写真ばかりで、具体性がない企業の求人は容易に判別ができます。

人間、同時に見ていないものを比較するのは難しいのですが、同時に見ることができれば、物事の判別がしやすくなりますので、転職の際には気になる企業の情報を全てプリントしながら、同時に比較しておかしな企業出ないかを確認していくと便利です。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク