東京都心で車通勤をしたい人はITインフラ系の会社に転職

地方の場合、社員でも車での通勤が当たり前であり、車の運転が好きな人はスポーツカー等に乗って毎日会社に通勤をしているのが日常的ですが、都会の場合は車通勤をしてる人は企業経営者位であり、転職をする一般の正社員は電車で通勤をしています。

その為、地方から都会の会社に転職をした場合、車は平日は駐車場に保管したままにしておき、電車で毎日終電帰りになり、土日の休みの時にプライベートで出かけるようなライフスタイルになりますので、車が好きな人はイライラして仕方が無くなります。

一般的には都会の会社に転職をする場合は、車通勤は一般的ではありませんし、その理由は都会の会社に自社ビルではなくオフィスを借りており駐車場がない場合も多く、駐車場を社員用に契約すると毎月5万円以上のコストが発生する為、実現は不可能です。

車通勤を都会で行うのは普通の会社に転職をした場合、かなり難しい状態になってしまうのですが、例外的にITインフラ系の会社の場合は、社員の車通勤を許可している会社も普通にあり、私の友人も20代の頃からインプレッサWRXで通勤していました。

 

 

都会の会社でも車通勤が許可されている事が多いITインフラ系の会社。

 

IT系の企業と言っても、色々と種類があり一言で纏める訳にはいかないのですが、一般的にはインターネットなどのインフラに深く関わる企業のことをIT系企業と言いますので、その中のインフラ系の仕事を行う会社も当然その中に含まれることになります。

インフラ系の会社というのはサーバなどの管理やメンテナンス運用をしている会社なんですけど、都会の会社でも例外的に社員の車通勤を認めていることが多くて、私の友人も20代の正社員ながら毎日インプレッサWRXに乗って会社に通勤をしていました。

スポンサードリンク


都会で車通勤をしたい人であれば、ITインフラ系の会社に転職をすれば、会社によっては車通勤を許可していることが多いですし、ご自分のマイカー普通に毎日通勤ができますから、一度検討をしてみても良いかもしれませんけど、インフラ系は人を選びます。

UNIXとかのコンソールを触るのが好きとか、プログラミングが好きな人インフラ系のネットワークが得意で精通している人であれば、まさに最適な業界なんですけどWindowsライクのインターフェースが好きな人だとちょっと厳しいかもしれません。

 

 

何故ITインフラ系の会社は都会でも車通勤が出来るのか?

 

IT企業の中でもインフラ系の会社というのは、深夜早朝24時間稼働しているサーバに何かあった場合は緊急対応をしないといけないこともあり、その際には電車が動いていない時間帯であることも普通にありますので、車通勤の方が都合が良い事が多いのです。

都会の電車も相当整備されていますが24時間フル稼働しているわけではありませんし、都会と言えども深夜早朝は道路がガラガラになりますから、緊急の場合はマイカーで会社に駆けつけて急いで障害対応などを行う必要があるので車通勤が便利なのです。

車だったらタクシーがあるだろうと思うかもしれませんけど、タクシーで深夜早朝に会社に向かうのとマイカーで通勤するのでは、社員のモチベーションが全然変わってきますし、そんな費用を使うのであれば駐車場を契約しておいたほうがコストも低いです。

全てのITインフラ系の会社が全社員に車通勤を許可している訳ではありませんけど、私の友人たちはそれぞれ違う会社なのに殆どの人が車通勤が許可されていたことを考えると、他の業界よりも圧倒的に車通勤をしやすいのがITインフラ系の会社になります。

特徴してはITインフラ系の会社で車通勤をしている人は、スポーツカーを好む人が圧倒的に多くてインプレッサWRX、インテグラタイプR等、走りが得意な車が多いようでしたから、車が好きでインフラに興味があれば一度転職を検討してみるのがお勧めです。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク