IT系の会社に転職する前に知っておくべき将来の退職理由

IT系の会社で働いていると、結構多くの人が経験するのが退職をしようと検討することですし、私も実際にIT系の会社で働いていて、退職をするべきかと検討し始めた後、結局退職をすることになりましたので、他の業種よりも退職の頻度は全体的に高いです。

他の業界とは違って、IT系の場合は正社員として働くよりもフリーランスとして働くとか派遣社員として働いた方が待遇が良くて自由度が高いことが多くて、更には報酬も全般的に高い事が多いですから、あえて正社員として働く必要性が低い業界なのです。

元々、IT系は仕事が出来る人ほど独立しやすい要素しかない業界ですから、逆に定年まで正社員で働くつもりでIT系の企業で働く人は少ないのではないかと思いますし、これまでIT系の会社で定年まで働きたいと話している人は一人も見たことがありません。

IT系の業界に入ってくる殆どの人が、かなり早い段階で正社員として働くことに疑問を持つことになり、正社員と言っても実態は派遣社員として働いているのと何ら変わらない状況であることに疑問を持ち更にはフリーランスの報酬の高さを知る事になります。

 

 

IT系の会社に入社をしてから知るべき事実が結構多い。

 

実際に、私の後輩もIT系の会社で働くことを目標にしていて、20代で独自に勉強をして実績をつけた結果、無事にIT系の会社に転職する事になったのですが、未経験でも努力をして行動力があれば転職出来る業界ですから、他の業種よりも相当敷居は広いです。

ただ、実際にIT系の会社に転職をしてみると、転職先の会社は外部から見ていた実態とは大いに異なり、理想と現実のギャップを知ることになりますので、暫くはその状態で働いていても、他の会社に転職をしようと思ってくるのは別におかしくありません。

IT系の会社の特徴なんですけど、正社員として入社をしていても、実際には派遣社員と何ら変わらない状態で働かないといけない事が多くて、それで派遣先で知り合った他のプロジェクトメンバーからフリーランスの話をされて、現実を知ることになります。

スポンサードリンク


大抵、IT系の会社に転職をした人であれば、殆どの人が通る道ですので、転職前は大変良く見えた会社であっても、入社をしてみて実際に働いてみると正社員としではなくて安く派遣されている派遣社員そのものではないかと、次第に気がつく人が多いのです。

 

 

実力のある人ほど労働環境に疑問を持つ事が多いIT系業界。

 

IT系の会社に多い、自社で働く必要性がない要因や数多くの現場を知ることにより業界の内部事情などが少しずつ分かってきますから、普通に自分で物事を考えることが出来る人であれば、これから自分が何をすればよいのかを考えるようになります。

その結果、今の会社は退職をしたほうが良いと言った判断に行き着きますので、後はいつ退職をするかになるのですけど、退職をする際にも転職先は豊富にありますし、出向先で知り合ったプロジェクトメンバーの人から情報を入手できる場合もあります。

IT系の会社に転職をする前に、入社する前からこういった考えを持つことについては賛否両論ありそうですけど、将来発生するであろう退職理由について事前に、知っておいたほうがよく、その理由は会社で働くほど明確になることも憶えておくと便利です。

退職理由を知るために、IT系の会社で働くことになるのですけど、色々な現場に派遣をされながら、そこで経験を積むことにより、将来このまま正社員として働くべきなのか、フリーランスになるべきなのか、他の業界に転職するべきなのかも分かります。

興味があればIT系の業界に転職をしてみることを検討して、転職を検討する会社に入社をして将来の退職理由が発生するのかどうかも事前に考えながら、本当にその会社に転職するべきなのかを判断していくことになりますから、じっくりと判断しましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク