転職サイトで毎回求人掲載がある企業がブラック企業である理由

転職サイトで気になる転職先を探して何度も書類選考の応募した結果、面接も通過して転職に成功した際の達成感はとても高いものがありますが、肝心の転職をしてしまった会社が実はとんでもないブラック企業であり後悔をしてしまうケースが増えています。

ブラック企業の定義に関しては人によって主観や価値観が異なるものの、転職サイトで掲載していた待遇とは大きく異る報酬であるとか労働時間が極端に多いとか、転職前と認識していた条件があまりに違う際には大凡、ブラック企業と感じることになります。

通常、転職先があからさまなブラック企業だと分かっていて喜んでそのような会社に転職をする人は殆どいませんのでブラック企業に転職をしてしまう人は、十分に転職する先の企業の事を調べていないまま、自分がイメージするままに転職をしてしまいます。

結論から言えば、一部の相当奇特な人を除いて最初からブラック企業だと分かっていてそのような企業に転職をする人はいませんので、ブラック企業に転職をしてしまう人は転職をする際に正しく転職サイトの情報を判断できなかった人と言うことになります。

 

 

常に転職サイトで求人が掲載されている企業に転職をした結末。

 

その結果、早い人では転職をして入社をした当日から、転職先のその企業がブラック企業であることを知り、よくあるのがとんでもない体育会系の企業であり、軍隊のような朝礼から始まり自己否定をしながら大声で叫ぶなどの対応を強制されたりします。

このような会社に転職をしてしまった場合、早い人で当日、殆どの人が初めの週か遅くても1ヶ月以内には退職をすることになりますので、常に転職サイトで求人を募集している企業はブラック企業なので危険と呼ばれているのにはこういった理由があります。

スポンサードリンク


転職サイトに、毎回必ず求人を掲載しているすべての企業が必ずブラック企業であるというわけではありませんが、優良企業であれば毎回転職サイトで求人募集を行う理由もありませんし、退職する人が次から次から発生することも普通の企業ではありません。

多くの人が話をしている、常に転職サイトで求人がされている企業に転職をしてはいけないという理由は大抵の場合でその信憑性には間違いはありませんので、自分だけは大丈夫、自分の判断は間違っていないと言った自己判断のみで転職をするのは危険です。

 

 

転職を希望する企業がいつから転職サイトで求人募集しているか確認。

 

転職サイトを見て、気になる企業が見つかった場合、最初に見るべき箇所はその企業がいつごろから転職サイトに求人募集を掲載しているかであり、それを確認することによって大幅にブラック企業に間違えて転職をする事を防ぐことが出来るようになります。

やることはとても簡単で、単純に転職サイトを常にチェックしておき、自分が転職をしたい分野や職種に気になる企業が掲載をされたら、そのデータを毎回パソコンやスマートフォンで保存しておけば良いだけになりますから後はその繰り返しをしていきます。

この方法の唯一の問題は、事前にかなり早い段階で転職サイトにユーザー登録をしておく必要がありますので、それがされていない場合、転職サイトで情報を見ることが出来ないこともあるのですが、転職サイトによっては閲覧だけは可能な場合もあります。

どちらにせよ事前に転職を意識して、転職サイトを常に確認して行く位の行動力が必要になりますからブラック企業に転職する間違いを防ぐ方法で誰でも簡単に実現できる防衛策というのは転職というのは早めに行動をしないとリスクが大きいということです。

わからないことがあったり、疑問点がある場合は遠慮なく転職サイトに相談をする事も重要ですし、恥ずかしがらずにメールで問い合わせをしていつから求人をしているのかを確認したり、自信がある人の場合は転職エージェントを利用する方法もあります。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク