引きこもりを社会復帰させるには生活困窮者自立支援制度を利用

現在の日本では働きたくても仕事がなくて転職が出来ない40代以上の年齢の人たちが沢山いて問題になっていますが、あまり表には出ていないだけで40代で実家に引きこもって何をすることもなく、子供の頃のように両親に頼っている人が沢山います。

実際に超氷河期世代と言われている現在40代で引きこもりの人がどれ位いるのかは日本政府の統計だけでは分からないこともあり、実際には統計よりも遥かに多くの引きこもり状態の人がいると言われていて、その多くが両親の年金等で生活をしています。

この引きこもりの問題については、家庭の問題ですから第三者が意見する事は容易には出来ないのですが、何時までも引きこもりで両親の年金や資産などで40歳を過ぎた子供が生活が出来るわけがなくて、将来的には両親が他界したり介護状態になる訳です。

 

 

引きこもりを社会復帰させるには生活困窮者自立支援制度を利用。

 

実家に引きこもりの親族が一人でもいると、両親や兄弟、親戚などに多大なる負担がかかりますので、早めに解決をしておいたほうが良くて、両親が寿命や病気で他界した場合はそれこそ一人で生きていけない状態ですから社会問題になる可能性もあります。

これって都会ならまだしも、田舎の場合はご近所付き合いもありますから、40代になって実家に引きこもりの子供がいる家庭がご近所にあると、そのご近所にもかなりの気を使わせることになりますし、万が一両親が要介護者になった場合は大変になります。

実家に引きこもりの親族がいる場合、社会復帰させる方法としては、殆ど一般的に知られていない生活困窮者自立支援制度がありますので、市町村の窓口に行って、引きこもりの子供の自立の相談をすれば、かなりのサポートを受けることが可能になります。

スポンサードリンク


 

 

生活困窮者自立支援制度を利用するのは恥ずかしいことなのか?

 

一般的な感覚では、40歳を過ぎて職歴や社会経験のない自分の子供のことで行政の窓口に相談に行くことは、特に噂があっという間に広がる地方の場合は簡単な話ではありませんし、自分の家庭だけでなくてご近所や自治会レベルでの対応も必要になります。

当然ですが、引きこもりをしている40代の子供本人の独立意識や就業意識も必要になるんですけどそれに合わせて家族や親族の理解や強力も不可欠なので、行政や自治会、家族などが上手く立ち回らないと生活困窮者自立支援制度だけでは実現できません。

生活困窮者自立支援制度を利用するのが恥ずかしいと思っている人もいらっしゃるようなんですけど、この制度は一生のうちで1回だけ無料で利用できる制度であり、確かに最初は行政で相談しにくいかもしれませんが、将来事を考えると利用するべきです。

 

 

生活困窮者自立支援制度を利用しても引きこもりが解決できない?

 

生活困窮者自立支援制度は確かに無料で引きこもりの子供が独立して生活をする住宅の家賃や衣食住の負担をしてくれますし各種相談や社会復帰に向けてのセミナーやトレーニングもしてくれるのですが、行政側も第三者ですので家族ほど事情が分かりません。

当然、長年連れ添ってきている親族やご近所さんの協力がなければ、行政に丸投げでは生活困窮者自立支援制度だけを利用しても、40代の子供の引きこもりが改善されない場合もありますので、広い視野で対策をしていかないとほぼ失敗してしまうようです。

転職サイトをみても、40代で職歴もないずっと引きこもっていて対人コミュニケーションも取れないような人材を募集しているような企業は先ずありませんので、引きこもりを改善するには先ず、実家から子供を独立させることから全てが始まります。

子供が寿命でなくなるまで両親が最後まで面倒を見れるのでしたら、引きこもり状態でも良いのかもしれませんし各自の家庭の問題になりますが、それが出来ないわけですし将来的に自分の家族や兄弟、ご近所さんに迷惑をかける事にならない対策をします。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク