IT系で働く30代で年収500万円以下でも転職をしない方が良い人

IT系の業界で働いている人でしたら、殆どが退場していく中で30歳になるまでこの業界で働いているのであれば、フリーランスとして独立するとか自分で起業をして会社の経営を始める人も多いのですが、30歳になっても当然会社で働いている人も沢山います。

この業界は他とは異なり、30歳、40歳になっても転職先に困ることはなくて、フリーランスでの仕事も沢山ありますので、現時点では食いっぱくれることがない業種になっており、実際に転職エージェント等では50歳を過ぎても普通に求人が沢山あります。

20代の頃なら、どのようなポジションで働いていても困ることはないのですが、年齢が30歳を過ぎた頃には、IT系の業界だけの話ではありませんけど、マネージメント側の実務経験がない人材はどの業界でも35歳を過ぎると転職の需要が一気になくなります。

 

 

IT系で働く30代で年収500万円以下でも転職をしない方が良い人。

 

IT系の業界で働いていて30歳を過ぎている状態で年収が500万円以下であれば、ちょっと将来のことを真剣に考えたほうが良いですので、年収が500万円である理由が会社側にあるのか自分側にあるのかを見極めないといけませんが案外スルーの人が多いです。

実際に転職を試みると分かるんですが、IT系の業界は30代、40代でも仕事に困ることは殆どないのですけど、それに該当する人の殆どが年収500万円以上の人であり、必ず上流工程の仕事を担当していてプロジェクトの統括側で働いてきているはずです。

逆に年収が500万円の人は30歳を過ぎても上流工程の仕事の経験が殆どなくて、末端の実装作業とかSEに該当する書類を制作していたりとか、本来は20代の若手が行っている仕事をメインにやっている人が殆どであり、この場合は転職は時期尚早になります。

スポンサードリンク


 

 

IT系で30歳を過ぎて上流工程の経験がないとちょっと厳しい。

 

この業界では20代の人材は使い捨てのように沢山いるんですが、殆どが30代になる前に途中退場する人が多くて、ブラック企業に間違って入社してしまってうつ病になって転職をする人や、経営コンサルなどの更に上の業界に転職をする人が多いからです。

よって、30歳を過ぎている中間層が極端に少なくなっている歪な構造になっていて、それは正社員として働いている人のことであり、30歳以上の人で実績のある人はフリーランスとしてや企業経営者として働いている人も多いのでバランスは取れています。

ここで問題になるのが30歳を過ぎていて正社員でIT系の業界で働いているのに、上流工程の経験が殆どなく実際の作業は実装やSEの下請けのような仕事ばかりで、年収が500万円以下の30代であり、この場合はこのままでは将来的にかなり困る事になります。

 

 

IT系で30歳を過ぎている時点で必ず上流工程の仕事の経験を積む。

 

実際に転職をすれば分かりますが、20代なら未経験でも何かしらの実績があればそれを元にしてIT系の業界に転職をすることは可能であり、特に困ることはないのですが30歳を過ぎていて上流工程の経験がない人はブラック企業以外は需要がありません。

その為、上流工程の経験が無い状態で30歳を過ぎて何も考えずにウカウカしていると、IT系業界で働いている意味すらなくなりますし、将来的に何かあった場合は転職をしたくてもフリーランスになりたくても、それを実現するのはかなり難しくなります。

ですから、IT系の業界で30歳を過ぎても年収が500万円以下で働いている場合、上流工程の仕事ができればその金額はあまりに安すぎますので転職を今すぐにするべきであり、実装やSEで止まっているのであれば、急いで仕事のやり方を改善するべきです。

30歳を過ぎて未だに実装止まりである場合、余程才能がない人かブラック企業にいいように使われている人になるでしょうから、一度専門の転職エージェント等に相談をしてみて、実は出来る人であるなら早めに他の将来性のある会社に転職をしましょう。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク