20代で工場に転職が可能な人はIT系の業界にも転職可能です

日本の転職事情はとても年齢的なものに厳しくなっているとは言え、実際には海外よりかは遥かに年齢的な転職条件はコレでも緩くなっている方なのですが、それでも20代の頃のほうが転職がし易いのは当然で、未経験や無職でも20代なら何とかなります。

日本の場合は特に20代の若年層の就職や雇用問題に政府や企業等が積極的な対策を行っていることが多くて、20代でニートや無職、引きこもりやアルバイトの人などを積極的に無料で支援してから、正社員として社会復帰出来る仕組みすらあります。

ですから、20代であれば私も経験があるんですが異業種への転職も本人のやる気があれば全然可能であり、まさか自分はこの業界は無理だろうと思っている業界でも、実際には転職が可能なことが多くて、その代表的な業界が現在人気のIT系企業になります。

 

 

20代で専門工場に転職が可能な人はIT系の業界にも転職可能?

 

年齢が20代で例えば工場等に転職を検討している人がいれば、結構な割合でIT系にも転職をすることが出来ますので、将来のことを考えれば工場で働くよりも、IT系の業界に20代の時に転職をしていて、何かしらの実績を付けておいたほうが必ず役に立ちます。

工場で働く場合は、大手の企業であってもあくまで労働力としての人材を募集しているわけで工場の運営を管理する側には現地採用者とか派遣社員ではいくら頑張ってもなることは出来ませんから、最初から本社の幹部候補生として採用される必要があります。

ただし、私の友人でも大手企業の管理側として働いている人もいますけど、大企業であるほど、日本全国はもとより世界規模で転勤が数年おきに発生していき、工場は労働単価の安い国で稼働していることが多いので、もう海外は嫌ですとなげていました・・。

 

 

IT系の企業も20代で転職をした場合は工場とやることは変わらない。

 

Google等の世界的なIT系企業なら話は違ってきますけど、一般的な日本のIT系企業に20代で転職をした場合は、実際には未経験でも問題がなくて、最初の段階では指示された内容の仕事をしていれば良いので、工場の労働とやることは殆ど変わりません。

これって、知らない人のほうが多いと思うんですが、IT系の業界では20代で転職をしたらいきなり上流工程と呼ばれているプロジェクトをマネージメントする側の仕事を任されるのは余程の仕事が出来て引き抜かれるような人のみであり、普通は実装からです。

スポンサードリンク


実装というのは指示された設計書の通りにプログラミングをしていく事であり、パソコンを使って作業をするので難しいと感じるかもしれませんが、実際は専門的な工場で行っているマニュアル作業と殆ど変わりませんので、未経験でも転職可能なのです。

 

 

20代の時に工場へ転職をするならIT系も検討しても良いかもしれない。

 

実際に私の友人たちも20代で大工をしていたり、無職でブラブラしていた人たちもIT系の企業に転職をしてから最初は全く分からない業界だったんですが、普通にスーツを着て仕事をしていましたし、転職時には20代ならいきなり高い要求はまずされません。

プログラミング自体が難しいような印象があるかもしれませんが、こちらも最初の頃の実装は日本語の国語のテストをしているようなレベルですから、一般的な教育を受けている人であれば別に難しいことはなくて、難しい実装や設計は先ず任されません。

それを考えると、いきなり結構面倒な流れ作業を要求されて、電光掲示板で本日のノルマや進捗状況を常に工場内で働く人に掲示している工場で働くほうが大変だと思いますし、立ちっぱなしの作業も楽ではないですから、多分、IT系の方が楽な気もしますね。

 

 

IT系企業に未経験の20代が転職する際にはブラック企業に注意する。

 

ただし、20代で未経験の人であれば、IT系の業界に多い、ブラック企業の実態や見分け方が良く分からない人が多くて、それでブラック企業に間違って転職をしてしまい、IT系はろくな業界ではないと認識して退場し、やっぱり工場等で働く人も多いのです。

工場で立ちっぱなしの作業で面倒な流れ作業やマニュアルを憶えて、毎日同じことをするよりも、どうせ同じことをするならIT系の業界に転職をしておき、プログラミングやシステム開発の事を憶えていきながら福利厚生の優れた環境で実績を作るべきです。

実際に私が働いていた現場では、食事やドリンクなどは完全無料で提供されていましたし、エアコン管理されてセキュリティや清掃管理もきちんとしているオフィスで将来に向けての実績と経験を積むことが出来るIT系の業界は工場よりも断然お勧めです。

工場で10年間働いてて熟練の労働者になりましたって実績と、IT系で5年間働いていて、上流工程の業務もやっていましたって実績のどちらが良いかと言えば、転職時には必ず後者のIT系の実績を持っている人の方が社会では評価されて年収も高くなります。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク