起業した際の事務所はレンタルオフィスがお勧め?

会社を退職して、転職をするか、暫く休養を取るか、起業をして自分で事業経営を行うか・・・、人によっては色々とその後の選択肢が変わってくるのでしょうけど、積極的な考え方の人は真っ直ぐに起業の道を選択することになります。

起業については、個人事業主、法人立ち上げ等、その事業形態によって若干やることや準備するもの、初期費用や固定費等が変わってくるのですけど、どちらを選択するにしても必ず拠点になる住所が必要になります。

しかし、退職したばかりであまりお金もかけれないし、オフィスも持っていない場合は、どうしたら良いかと言えば、レンタルオフィスと言った便利なサービスを提供している企業が存在していて、その企業のレンタルオフィスを格安で事務所として契約することが出来ます。

 

 

六本木ヒルズの中にもレンタルオフィスがある?

 

一般的に、レンタルオフィスと言えば、結構立地条件が良い場所に用意されていることが多くて、その周辺のオフィスの賃料と比較すると、かなり格安で契約できることが特徴で、例えば、あの六本木ヒルズの中にもレンタルオフィスがあります。

住所が六本木ヒルズとあれば、かなり印象が良いイメージが持たれるかもしれませんけど、家賃はワンフロアを契約したら5000万円と言われているような高額物件ですから、レンタルオフィスでも高いのでは?と思うかもしれませんが、格安です。

六本木ヒルズのレンタルオフィスについては、ネットで調べればすぐに出てきますから、価格が変動になる場合もありますのでここでは詳細を書きませんので、調べてみて下さい。

 

 

レンタルオフィスが格安な理由とは?

 

この、一等地であってもオフィスとして利用できるレンタルオフィスが格安な理由についてはとても簡単な仕組みになっており、それは多くの人とその空間を共有することにより、価格を下げているだけのシャアハウスと似たような仕組みになっています。

スポンサードリンク


また、共有すると言っても同じ部屋の中のデスクスペースのみを利用できる場合や、ある程度広い部屋を利用できる場合もあり、その辺りは契約内容によって変わってきますが、付近のオフィスを自分で契約するよりかはかなり金額は安くなります。

更に、オフィスを共有していると言っても、専用で電話番号を利用できたり、住所宛の荷物も普通に届くことになりますから、何ら普通のオフィスと変わりなく利用することが出来ますし、追加料金で秘書のようなサービスを行っている事業者もいます。

ですから、他の起業している人たちと住所やスペースを共用しても良いのであれば、レンタルオフィスも一つの手段にはなるのですが、実際に起業した場合はどうなんでしょうか?

 

 

起業した直後は自宅をオフィスにしたほうが早い場合が多い。

 

退職した後に起業した場合、別にレンタルオフィスでなくても、自宅をオフィス扱いにしておいたほうが何をしてもスムーズに物事が進むことが多く、費用も掛からないので、実際そうしている人も沢山いらっしゃいます。

レンタルオフィスはたしかに安いんですが、安いとは言っても起業したばかりの時にはお金が心もとないことも多く、今後、どのような出費が必要になるかもわからないため、出来れば固定はできるだけ下げておいたほうが良いことが多いのです。

起業をして事業が安定してきたら、レンタルオフィスを契約してもよいのでしょうけど、その際にはレンタルオフィスよりも通常のオフィス、タワーマンションをオフィスとして契約したほうが良い状態であることも多く、事業が順調にいっている人ほどレンタルオフィスはあまり必要としていません。

起業した直後に、自分の住所が知られたくないとか、そういった理由であればレンタルオフィスを契約しても良いかもしれませんが、実際には自宅で事足りますから、よく考えて事務所の場所を選ぶと良いですね。




本気で転職エージェントに転職先を相談したい人。



転職エージェントは年収600万円以上等の専門性の高い仕事や経営層に近い仕事が非公開求人として沢山登録されています。該当する人材であれば、指定の情報を登録するだけでエージェントが最適な転職先を探してくれたり紹介してくれます。

リクルートエージェント




年収600万円以上の人に支持される転職サービス。



年収600万円以上の人が多く利用する非公開求人を扱っている登録型の転職エージェントです。外資企業や管理職求人にも強く、転職を行い大幅な年収アップを目指している人やキャリアアップを求めている人にお勧めで、簡単な登録をするだけで利用できます。

JACリクルートメント



スポンサードリンク